TAKA ISHII GALLERY 25TH ANNIVERSARY CATALOGUE - SURVIVED!

開廊25周年を記念し、タカ・イシイギャラリー3会場で開催されたギャラリーアーティスト37名によるグループ展「Survived!」に伴い刊行された作品集。

以下プレスリリースより抜粋:

とても厳しい時代をアーティストやスタッフと共に歩んで今日に至りました。四半世紀経ちましたがまだまだ長い旅の途中です。これからもアーティストのサポートを続け、将来歴史に残るような展覧会を数多く開催できればと思っております。引き続きご支援ご指導いただければ幸いです。」-石井孝之(タカ・イシイギャラリー ディレクター)

80年代にロサンゼルスでファインアートを学ぶ傍ら、プライベート・ディーラーとして活動していた石井は、同時代の美術動向を紹介する場として、1994年6月25日に東京・大塚にタカ・イシイギャラリーを開廊します。第1回目の展覧会、ラリー・クラーク「タルサ/ティーンエイジ・ラスト/フォトコラージュ/ビデオ」展は大きな反響を呼び、同展をきっかけに荒木経惟と邂逅。1994年の初個展「濹汁綺譚と陰毛礼讃」以来、荒木の個展は今年で27回を数えます。また、1995年の森山大道初個展に合わせて刊行した写真集『Imitation』は、ギャラリーが出版事業を手掛ける契機となり、現在その刊行部数は50タイトルを超えるまでに至りました。その後90年代後半にはジャック・ピアソン、クリストファー・ウールら海外作家の個展をいち早く開催し、2000年には当時まだ珍しかった映像作品を展示(ダグ・エイケン個展)するなど、タカ・イシイギャラリーは独自の審美眼と国際的な視座で、国内・国外、キャリアやメディウムなど様々な作家とともに、多彩なプログラムを四半世紀にわたり展開してきました。25周年を記念する本展では、当企画展に向けて制作された37名の作家の新作や未発表作品を中心に展覧いたします。ギャラリーの歩みの一端をご高覧ください。

参加作家:
レオノール・アントゥネス、荒川医、荒木経惟、トーマス・デマンド、エルムグリーン&ドラッグセット、ルーク・ファウラー、マリオ・ガルシア・トレス、五木田智央、花代、畠山直哉、法貴信也、石田尚志、伊藤存、サーニャ・カンタロフスキー、川原直人、アネット・ケルム、木村友紀、クサナギシンペイ、桑山忠明、ショーン・ランダース、前田征紀、ヘレン・ミラ、森山大道、村上華子、村瀬恭子、野口里佳、ウィリアム・J・オブライエン、シルケ・オットー・ナップ、スターリング・ルビー、杉浦邦恵、鈴木理策、武田陽介、竹村京、マリア・タニグチ、登山博文、クリストファー・ウール、ケリス・ウィン・エヴァンス

Official Press Release:

In commemoration of its 25th anniversary, Taka Ishii Gallery will present “Survived!”, a group exhibition featuring works by 37 gallery artists.

"We’ve traversed arduous times with our artists and staff to arrive at the current moment. It’s already been 25 years, but we’re still in the middle of a long journey. We will continue to support our artists and we hope to organize many more historically significant exhibitions. We thank you for your continued support." –Taka Ishii

Ishii studied fine art in Los Angeles in the 1980s while also working as a private art dealer. On June 25, 1994, he opened Taka Ishii Gallery in Otsuka, Tokyo, to establish a place for introducing contemporary art trends. The gallery’s first exhibition, Larry Clark’s “Tulsa, Teenage Lust, Photo Collage, and Video” received an enormous response and became the catalyst for the gallery meeting Nobuyoshi Araki. Since his first solo exhibition with the gallery “Obscene Photographs: Marvellous Tales of Black Ink and In Praise of Public Hair” held in 1994, the gallery has presented 27 solo exhibitions of Araki’s work. In 1995, the gallery published Imitation in conjunction with Daido Moriyama’s first solo exhibition at the gallery, launching its publishing business. The gallery has now published over 50 titles. In the latter half of the 1990s, the gallery was the first to introduce the works of foreign artists such as Jack Pierson and Christopher Wool in Japan. In 2000, it presented a solo exhibition by Doug Aitken comprising a video piece, which was still rare at the time. From a unique and international perspective, Taka Ishii Gallery has organized, for a quarter century, a diverse exhibition program featuring artists working in varied media and at different stages in their careers. This exhibition, which commemorates its 25th anniversary will feature new and never before seen works by 37 artists. We hope you will join us to celebrate and experience the gallery’s history.

Participating artists:
Leonor Antunes, Ei Arakawa, Nobuyoshi Araki, Thomas Demand, Elmgreen & Dragset, Luke Fowler, Mario García Torres, Tomoo Gokita, Hanayo, Naoya Hatakeyama, Nobuya Hoki, Takashi Ishida, Zon Ito, Sanya Kantarovsky, Naoto Kawahara, Annette Kelm, Yuki Kimura, Shinpei Kusanagi, Tadaaki Kuwayama, Sean Landers, Yukinori Maeda, Helen Mirra, Daido Moriyama, Hanako Murakami, Kyoko Murase, Noguchi Rika, William J. O’Brien, Silke Otto-Knapp, Sterling Ruby, Kunié Sugiura, Risaku Suzuki, Yosuke Takeda, Kei Takemura, Maria Taniguchi, Hirofumi Toyama, Christopher Wool, Cerith Wyn Evans

REGULAR PRICE ¥15,000

softcover 
257 pages
180 x 240 mm
color, black and white
2020

published by TAKA ISHII GALLERY