THE COMPLETE PAPERS by Thomas Demand

ベルリンとロサンゼルスを拠点に活動するドイツ人アーティスト、トーマス・デマンド(Thomas Demand)の作品集。本書は作者が活動してきた28年間の多岐にわたる作品群、またその取り組みに関し執筆された文章、展覧会の記録や経歴をまとめた目録的一冊であり、1990年代初期に制作された未発表作品や参考として複製されたものも含んだ内容となっている。キュレーターであり作家のラッセル・ファーガソン(Russell Ferguson)によるインタビューを始め、アーティストのジェフ・ウォール(Jeff Wall)によるテキストなど錚々たる面々による寄稿、過去の記録を収録し、21世紀最も重要な作家の一人である氏の創作活動の実態にも焦点を当てている。

The Complete Papers is an extensive volume encompassing all of Thomas Demand’s work over the past 28 years, together with the primary texts written about his practice. The book includes previously unseen early works from 1990, together with reference reproductions on every one of his pieces. A newly commissioned interview with Russell Ferguson, new texts by Jeff Wall and Alexander Kluge, contributions by Parveen Adams, Francesco Bonami, Teju Cole, Beatriz Colomina, Jeffrey Eugenides, Julia Franck, Hal Foster, Rachel Kushner, Ben Lerner, Jacques Rancière, Gary Shteyngart, Neville Wakefield, to name a few, is concluded by a complete exhibition listing and bibliography.

by Thomas Demand

REGULAR PRICE ¥15,800

hardcover in a slipcase
560 pages
242 x 295 mm
color
2018

shortlist of the Deutsche Börse Photography Foundation Prize 2011

published by MACK