ARTICLES

REVIEW:RED FLOWER, THE WOMEN OF OKINAWA / 赤花 アカバナー、沖縄の女 by Mika Kobayashi(Photo Critic / Guest Researcher at National Museum of Modern Art, Tokyo)

REVIEW:RED FLOWER, THE WOMEN OF OKINAWA / 赤花 アカバナー、沖縄の女 by Mika Kobayashi(Photo Critic / Guest Researcher at National Museum of Modern Art, Tokyo)

原初的な強さをとらえた女性讃歌
Text:Mika Kobayashi
(Photo Critic / Guest Researcher at National Museum of Modern Art, Tokyo)
テキスト:小林 美香(写真研究者 / 東京国立近代美術館客員研究員)

『赤花 アカバナー、沖縄の女』は、石川真生(1953~)が1975年から77年にかけてコザ市(現在の沖縄市)と金武町の黒人米兵専用バーでホステスとして働きながら、仲間の女性たちや米兵を撮影した写真を纏めた、デビュー写真集『熱き日々 in キャンプハンセン!!』
...

Read more


REVIEW:INCOMING by Yumi Goto(Co-founder of Reminders Photography Stronghold / Independent Curator)

REVIEW:INCOMING by Yumi Goto(Co-founder of Reminders Photography Stronghold / Independent Curator)

見えない構造を視覚化する
Text:Yumi Goto(Co-founder of Reminders Photography Stronghold / Independent Curator)
テキスト:後藤 由美(Reminders Photography Stronghold 共同創設者 / インディペンデントキュレーター)

リチャード・モスという写真家のことを知ったのは彼の「Infra」が出始めた頃。いま、改めて彼のサイトで公開されている2004年頃からの作品とその変遷を見ていると、向き合ってきた対象について、いかにすれば最適な形でストーリーを伝えてみせることが出来るか苦心しながらキャリアを ...

Read more


CONVERSATION:Hitoshi Tsukiji (Photographer) x Ryuichi Kaneko(Photography Historian)

CONVERSATION:Hitoshi Tsukiji (Photographer) x Ryuichi Kaneko(Photography Historian)

対談 築地仁 × 金子隆一
時間を超えて問う「見ること」の意味
Text:Yumiko Kobayashi
Photo:Kenji Takahashi
構成:小林祐美子
写真:高橋健治

タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルムにて、「写真像」の33年ぶりとなる個展を開催中の写真家・築地仁。1960年代半ばより一貫して被写体やコンセプトに頼ることを排し“写真にしかできないこと”へと真摯に向き合ってきた築地は、2015年に『写真像』(CAMERA WORKS)から30年ぶりとなる ...

Read more


REVIEW:SHASHIN(PHOTOGRAPH)by Ryuichi Kaneko(Photography Historian)

REVIEW:SHASHIN(PHOTOGRAPH)by Ryuichi Kaneko(Photography Historian)

変わらないことの過激さ
Text:Ryuichi Kaneko(Photography Historian)
テキスト:金子隆一(写真史家)

築地仁の写真について、正確にいえば『写真像』(1984年刊)以後の写真について、必ずといってよいほど「都市」がキーワードになって語られてきている。これは『写真像』以後、築地が被写体として選んできたものが ...

Read more


REVIEW:DARK ROOMS by Yukihito Kono(Photographer)

REVIEW:DARK ROOMS by Yukihito Kono(Photographer)


Text:Yukihito Kono(Photographer)
テキスト:河野 幸人(写真家)

イギリス出身の写真家、ナイジェル・シャフランは、1980年代後半にヨーガン・テラーやコリーヌ・デイ、デイヴィット・シムズらとともにロンドンの『i-D』、『THE FACE』、『Dazed & Confused』誌などで活躍した写真家の一人である。現在ではファッションフォトグラファーというよりは、ギャラリーや美術館で展示を行う写真家として ...

Read more