MARIA TANIGUCHI by Maria Taniguchi

フィリピン人アーティスト、マリア・タニグチ(Maria Taniguchi)の作品集。本書は2017年にタカ・イシイギャラリーで開催された個展にに伴い刊行された。キュレーターのスーザン・ギブ(Susan Gibb)によるテキストを収録。(英語・日本語)

以下プレスリリースより抜粋

日本での初個展となる本展では、新作の絵画と彫刻作品を展示いたします。タニグチは、絵画や彫刻、映像、インスタレーションなど多様なメディウムを用いて作品を展開し、社会的・歴史的文脈を踏まえ空間や時間の探求を行なってきました。作家が2008年より継続して制作している、ブリック・ペインティングと呼ばれるレンガの壁を描いたような絵画作品「Untitled」シリーズは、無数の矩形のセルから構成され、グラファイトで縁取られたセルの内側はグレーや黒色で塗られています。一つ一つのセルを手作業で仕上げるこの丹念な制作プロセスが、絵画の表面に僅かな変化と複雑なパターンを生み出しています。ブリック・ペインティングは様々なサイズで制作されていますが、その多くは数メートルの規模に及んでおり、作品に建築的要素を与えています。こうして絵画そのものがモニュメンタルな存在として展示空間にたち現れてくるのです。本展ではブリック・ペインティングの大型作品1点と共に、同シリーズの新作である小ぶりの絵画12点を展示します。近年、多くの現代美術作家が「圧縮」という概念に興味を持っており、それは昨今科学者らが成功した水素の金属変換にみられるような有形物に留まらず、データや時間といった無形物の圧縮も含みます。現代社会は情報テクノロジー(IT)に大きく依存しており、それは二進法の電気信号の膨大な蓄積により構成される大容量記録媒体によって成り立つものですが、このシステムは大規模な量子コンピュータの実現によって近い将来、過去のものとなるでしょう。タニグチの絵画はそのシンプルな形態からミニマリズムとの関連性をみることができますが、同時に記録装置をその技術的意味合いにおいて具現化しており、人類の進化の歴史的意味について触れていると言えるでしょう。本展でタニグチは、「ジャワ・プラム」(ムラサキフトモモ)と呼ばれるインド・東南アジア原産の硬い木材から作られた新作の彫刻群も展示します。これらの巨大な彫刻に象られた「I」と「O」の文字は、電子機器のインターフェースの仕組み(インプットとアウトプット)への謎めいた言及です。タニグチはブリック・ペインティングを自らの芸術的実践全体の根幹を成すものとし、その他の作品は同ペインティング作品の反射もしくは屈折だと言います。彫刻の新作も例外ではなく、接触の瞬間をインプット/アウトプットと捉え、それを一見時代錯誤にみえる木彫と融合させることにより、自身の作品の新たな可能性を探っています。

Text by Susan Gibb (English and Japanese)

Official Press Release:

Taka Ishii Gallery Tokyo is pleased to present a solo exhibition of works by Maria Taniguchi from April 21 to May 20. The exhibition marks Taniguchi’s first solo presentation in Japan, and will feature new paintings and sculptures. Taniguchi’s works encompass painting, sculpture, video and installation. Her practices investigate space and time along with social and historical contexts. Her series of “Untitled” brick paintings is an ongoing series that had been initiated in 2008. Each painting consists of seemingly countless rectangular cells, each one outlined by hand with graphite and filled with gray and black tones. The painstaking process creates a subtle yet complex pattern on the surface. These paintings develop in various extents, most of them reaching meters in size. The constructive structure embodies architectural elements, resulting in the paintings themselves manifesting as monumental existences within the space. Along with a large brick painting, Taniguchi will present 12 new paintings from the same series, albeit much more compact in scale. These days, artists are seemingly attracted to the idea of “compression.” This concept is not only limited to the compression of tangibles such as scientists who recently succeeded in transforming hydrogen into metal, but also the compression of intangibles such as data or time. Our contemporary society heavily relies on information technology that is now based on data storage devices that consist of an innumerable accumulation of the binary system, a system that soon will be a thing of the past as we approach mass-scale quantum computing. While the paintings’ simplicity in form could possibly be thought of as something related to minimalism, the paintings also serve to embody a device for storage in the technological sense of the term, and subsequently represent a historical meaning of human development. Taniguchi will also show a group of new sculptures made from hardwood called Java Plum native to India and Southeast Asia. These large and architectural sized sculptures depict the letters “I” and “O”, an enigmatic reference to a form of electronic interfacing (input and output). The artist has referred to her brick paintings as the fundamental root of her larger artistic practice, while the other artworks are reflection, or refractions of it. The new sculptures are no exception, representing a search for possibilities by coalescing the moment of contact (input / output) and the seeming anachronism of woodcraft.

by Maria Taniguchi

REGULAR PRICE ¥2,280

softcover 
68 pages
178 x 248 mm
color
2018

published by TAKA ISHII GALLERY