IMAGES - KASSEL, MUSEUM FRIDERICIANUM by Pierre Huyghe, Wade Guyton, Seth Price, Mark Leckey, Philippe Parreno, Michel Majerus, Trisha Donnelly, Cory Arcangel, Sturtevant, Isa Genzken

ドイツ・カッセル「フリデリチアヌム美術館」で開催された展覧会「IMAGES」に伴い刊行された作品集。空想の世界は長らく芸術の原初的な領域だとみなされてきたが、21世期の始まりとともに新たなテクノロジーが台頭し、急速に拡張した。相互に作用するプロセスを経て空想世界が現実に侵入してきたり、あるいはその逆のことが起こったりと、視覚 "イメージ" が空想的に拡張する可能性はその重要さを増し続けている。本書が提示するのは "イメージ" とは何かという疑問によって突き動かされている継続的なプロセスであり、収録された作品群が探るのは根源的な変容を試されている "イメージ" そのものである。"イメージ" の起源、分配、機能、そして使命に影響を与えているその変容こそ、本書における美術的分析の出発点、そして主題となっている。キュレーター、美術史家のスザンヌ・プフェファー(Susanne Pfeffer)による編集。

The realm of the imaginary, which has always been regarded as the primal domain of art, has expanded progressively under the influence of new technologies in the early years of the twenty-first century. Through a process of mutual interaction, the imaginary permeates and shapes reality- and vice versa. The imaginary potential of the visual image has become increasingly significant. This ongoing process is designated by the concept of the image. The works presented in this exhibition explore the image at the moment of its fundamental reconfiguration. Changes affecting the origin, distribution, function, and mission of the image have made it both the point of departure and the principal object of artistic analysis. Accompanies the exhibition ‘Images’, 31 Jan – 1 May 2016, Fridericianum, Kassel.

by Cory Arcangel , Isa Genzken , Mark Leckey , Michel Majerus , Philippe Parreno , Pierre Huyghe , Seth Price , Sturtevant , Trisha Donnelly , Wade Guyton

REGULAR PRICE ¥3,800

hardcover
144 pages
216 x 162 mm
color
2019

published by WALTHER KÖNIG