DAS NEW YORKER ATELIER, ABRIDGED by Wade Guyton

アメリカ人アーティスト、ウェイド・ガイトン(Wade Guyton)の作品集。作者が用いるのは iPhoneやカメラ、コンピュータ、一般向けのエプソンプリンターなどのデジタル機器である。それらのツールを用いて、大型のペインティング作品や小さな平面作品などを制作してきた。作者が興味を寄せるのはツール間で行われる変換作業であり、それによって三次元がデジタル情報となり、そしてまた面や空間に再出力される。本書は、通例的に作られてきた展覧会カタログがら着想を得て作られた、展覧会会場でも持ち運べる副次的資料でありながら、発表された作品を収めた記録集でもある。サーペンタイン・ギャラリー CEOのヤナ・ピール(Yana Peel)とアーティスティック・ディレクターのハンス・ウルリッヒ・オブリスト(Hans Ulrich Obrist)による前書き、美術史やヴィジュアルカルチャーを専門として教鞭を取るアレックス・キトニック(Alex Kitnick)による作者の作品制作の場と展示空間の繋がりを探るエッセイ、Flame によるガイトン作品における一時性のあり方についてのテキストを収録。Henrik Nygren Design による装丁。

American artist Wade Guyton uses digital technologies - iPhones, cameras, computers and consumer-grade Epson printers - as tools to create both large-scale paintings on linen and smaller compositions on paper. Guyton is interested in the translations that take place between these tools, transforming three-dimensional space into digital information that is subsequently reproduced on surfaces and in space. This book is inspired by traditional exhibition guides and is designed to be a portable accompaniment to the exhibition, and a record of the works included in the gallery. It includes a foreword by Serpentine Galleries CEO, Yana Peel and Artistic Director, Hans Ulrich Obrist; as well as two newly commissioned texts: Alex Kitnick has contributed an essay that draws links between the sites of production and exhibition of Guyton's work; and Flame have written about the modes of temporality within Guyton's practice. This book has been designed by Henrik Nygren Design.

by Wade Guyton

REGULAR PRICE ¥4,180  (tax incl.)

softcover
92 pages
139 x 222 mm
color, black and white
2018

published by WALTHER KÖNIG