26 APRIL – 7 JUNE 2008 by Wade Guyton

アメリカ人アーティスト、ウェイド・ガイトン(Wade Guyton)の作品集。2008年と2014年にパリのギャラリー「Galerie Chantal Crousel」で開催された二つの関連展覧会を記録した一冊。2回目の個展で作者は、6年前に開催された自身の初個展を参照するという試みを行った。2008年の個展では同一のデジタルファイルから10枚の黒いペインティングを制作したが、2014年にはさらに10枚を同じ手法で制作。プリンターはEPSON 9600から後継機種である9900に変わり、新しいペインティングはVivid Magenta テクノロジー(TM)を採用したインク、UltraChrome を使用している。

This artist's book documents two related exhibitions by Wade Guyton at Galerie Chantal Crousel in 2008 and 2014. For his second solo show, Wade Guyton refers to his exhibition six years before. Using the same digital file to print ten black paintings in 2008, he prints ten paintings more. The printer is an Epson 9900, the model that replaced the Epson 9600. The ink was now UltraChrome with Vivid Magenta TechnologyTM.

by Wade Guyton

REGULAR PRICE ¥4,840  (tax incl.)

softcover
84 pages
260 x 210 mm
color
2015

published by WALTHER KÖNIG