WERKE / WORKS 2009-2019 by Pierre Huyghe

フランス人アーティスト、ピエール・ユイグ(Pierre Huyghe)の作品集。過去10年にわたる活動がまとめられている。元美術館だった場所で開催された「The Host and the Cloud」(2009-2010)、ドクメンタ13で発表した「Untitled」(2012)、ミュンスター彫刻プロジェクトの一環として、使われなくなったスケートリンク内で展開した「After ALife Ahead」(2017)、ロンドンのサーペンタイン・ギャラリーで展示され、その後リュマ・アルルに巡回し、その革新的な展示手法を極めた「UUmwelt」(2018)を収録。スイス人キュレーターであるハンス・ウルリッヒ・オブリスト(Hans Ulrich Obrist)との対談や、ドイツ人美術史家でありキュレーターのドロシア・フォン・ハンテルマン(Dorothea von Hantelmann)の寄稿によって、この10年間の活動を包括的に見てとることができる。ドローイング、図版、展示プラン、テキストや参照図版、写真や映像のスチルなどが400ページにわたって掲載された本書は、作者の活動を知る重要な一冊となっている。本作は2018年10月から2019年2月までサーペンタイン・ギャラリーで開催された「Pierre Huyghe: UUmwelt」展に伴い刊行。オランダを拠点とするグラフィックデザインスタジオ「Irma Boom Office」がブックデザインを手がけており、全ページにわたって独自に開発した透け感のある紙が用いられている。

This publication is a survey of Pierre Huyghe's practice from the last ten years: 'The Host and the Cloud' (2009-2010) took place in a former museum in Paris; 'Untilled' (2012) was developped during documenta (13); 'After ALife Ahead' (2017) was conceived in a disused ice rink as part of Skulptur Projekte Münster; 'UUmwelt' (2018), which was installed first at the Serpentine Galleries in London, and later at Luma Arles, is the culmination of a ground-breaking approach to exhibitions. A conversation between Hans Ulrich Obrist and an essay by Dorothea von Hantelmann offer a comprehensive discussion of this period. Drawings, diagrams, plans, text and reference images, photographs and film stills add to over 400 pages and make this an important reference book. Published on the occasion of the exhibition, Pierre Huyghe: UUmwelt at Serpentine Galleries, London (3 October 2018 – 10 February 2019). Designed by Irma Boom Studio (and printed on Boom’s beautiful, patented opaque paper)

by Pierre Huyghe

REGULAR PRICE ¥4,500

softcover
448 pages
210 x 150 mm
color
2019

published by WALTHER KÖNIG