HACKNEY WICK by Stephen Gill [RARE]

ハックニー・ウィックという場所は、ロンドンの東、グランドユニオン運河、リー川、イーストウェイA106の間に位置しています。初めてここに立ち寄ったのは2002年の終わりごろ、看板広告の裏側を撮影していた時でした。すでにロンドンに9年間も暮らしていて、イーストロンドンはよく知っていると思っていたのですが、ハックニー・ウィックには当惑させられました。自分の頭に中にあったロンドンの地図が、すっかり変わってしまったのです。ハックニー・ウィックには、別の一面があります。ノイズやカオスから離れて、自然はどうにか自分たちの居場所を見つけているようなのです。運河や川、秘密の家庭菜園(この菜園の献身的な園芸好きにしか知られていない)は、多くの鳥や動物たちの住処になっています。近い将来、塵や埃に覆われてしまうでしょうが、そこは光り輝く隠れたパラダイスなのです。- Stephen Gill

Hackney Wick sits in east London between the Grand Union Canal, the River Lea and the Eastway A106. Stephen Gill first came across the area at the end of 2002 when he was photographing the backs of advertising billboards. His first visit was on a Sunday, to the vast market that used to take place in the old greyhound/speedway stadium. At first glance, apart from few pot plants, most of the items on sale looked like scrap – exhausted white goods, mountains of washing machines and fridges, copper wire and other metals stripped from derelict buildings, piles of old VHS videos. Stephen bought a plastic camera for 50p. It had a plastic lens and no focus or exposure controls, and he started making pictures with it at once. Over the next two years he visited Hackney Wick again and again. The market closed in July 2003, and the remains of the old stadium were demolished weeks later as part of the preparations for the 2012 Olympic Games.

by Stephen Gill

REGULAR PRICE ¥43,200
国内送料無料 / Free international shipping over 50,000 yen.

hardcover
126 pages + 24 pages 
216 x 216 mm
color
2005

published by AMC (ARCHIVE OF MODERN CONFLICT)