HACKNEY KISSES by Stephen Gill

イギリス人フォトグラファー、スティーブン・ギル(Stephen Gill)の作品集。長年ロンドンのハックニーを撮影し、その文化を研究してきた作者が1950年代の東ロンドンのスナップが写っているとされるネガを大量購入したところ、一人の無名カメラマンが撮影したその地域の結婚式の写真ばかりだったことから本書の制作は始まる。当初、作者はその内容にがっかりしたそうだが、その中からキス写真だけを集めたファウンド・フォト作品として編集。セッティングをし、細かく指示を出しながら一瞬のシャッターチャンスを逃すまいと大判カメラを構えていたであろうカメラマンの奮闘が、写真を通して想起される。

Stephen Gill has worked for many years exploring the culture and environment of Hackney in East London. Some time ago he discovered the work of a lost photographer who had begun to interpret the photo of a kiss in a special and personal way. Kissing can be quite like the reverie in a beautiful forest; it can also be end-of-pier theatre. Our Master of the Hackney Kisses knows how these traits combine. His sensibility transcends the profession of wedding photographer – in each kiss you see the future; the past recedes. Reenactment is a pleasure. — Timothy Prus

by Stephen Gill

REGULAR PRICE ¥6,000
国内送料無料

hardcover
96 pages
275 x 234 mm
black and white
2014

published by AMC (ARCHIVE OF MODERN CONFLICT)