ZABRISKIE POINT by Olaf Nicolai

ドイツ人アーティスト、オラフ・ニコライ(Olaf Nicolai)との作品集。

この写真集でオラフ・ニコライは、カメラのフラッシュで照らされた自分の足元の地面を写した80枚の写真を提示する。死の谷を歩いている、暗闇に隠れてほとんど見えない男は、こうして一瞬だけ光るカメラのフラッシュを使って自分の通る道に印をつける。フラッシュをたくと地面がほんの数センチ照らされる。そうすると、日中は焼けるような暑さと目のくらむような光で生命を脅かす砂漠の風景のディテールが垣間見える。ニコライの写真は、人口の光に照らされることがない不気味な夜の暗さを表現している」ーアンネ・ファン・デル・ハイデン(Anne von der Heiden)

"Olaf Nicolai presents 80 photographs showing the ground in front of his feet, illuminated by the flash of his camera. Thus, the man who can hardly see in the darkness marks his path with the short flashes of a camera as he makes his way through Death Valley. Each of them illuminates a few centimetres of the ground, a tiny detail of the landscape, whose desert character, the hostility to life of its burning heat and the glaring daylight is well known. The photos mainly refer to the eerie darkness of the night, which no artificial light illuminates." -Anne von der Heiden

by Olaf Nicolai

REGULAR PRICE ¥4,800

softcover
80 pages
210 x 300 mm    
color
2010

published by SPECTOR BOOKS