SILENT PARTNERS by Olaf Nicolai

ドイツ人アーティスト、オラフ・ニコライ(Olaf Nicolai)の作品集。「まだ書かれていない本」は、その著者について、「この世でまだ生きたことのない本」として「生」について何を語ることができるだろうか。あるバウハウスの本のシリーズは、野心的なプロジェクトかつ壮大なマーケティングキャンペーンとして1925年に始まった。50冊以上の本を通じて、女性一名を含む国際的に評価されてきた作家たちがモダニズムに関わる重要な問題や疑問に答えていくはずだったが、結局14冊しか出版されなかった。本書はついに出版されることのなかった本たちに捧げた3つのシークエンスで構成されている。それぞれの場面では、著されなかったバウハウスの本が、その本の中のモノや概念と対話をしている。

What do books that were never written tell us about their authors, about the book-lives they never lived? The Bauhaus book series was started in 1925 as an ambitious project and grand marketing campaign. The big issues and questions of modernism were to be dealt with by internationally renowed authors ― including one female author ― in more than fifty publications. In the end, only fourteen of them were published. Silent Partners is made up of three sequences dedicated to the never-published books. In each of the scenes, one unwritten Bauhaus book has a conversation with an object or an idea from within the book.

by Olaf Nicolai

REGULAR PRICE ¥3,800

softcover
94 pages
210 x 297 mm    
color
2016

published by SPECTOR BOOKS