LE PIGMENT DE LA LUMIÈRE by Heidi Specker, Olaf Nicolai

ドイツ人アーティスト、ハイディ・シュペッカー(Heidi Specker)と同じくドイツ人アーティスト、オラフ・ニコライ(Olaf Nicolai)の作品集。オラフ・ニコライは復元されたデッサウのMaster’s Housesのために『Le pigment de la lumière』を制作した。粒子の大きさが異なる大理石粉末を壁に塗って幾何学的なパターンを作り、光の加減によって微妙に変化する浮彫のような効果を生み出した。ニコライはこの作品においても、カモフラージュの形式的な概念を理解したいという芸術的関心を探求している。そのため鑑賞者には壁の表面がほとんど見えないようになっている。ハイディ・シュペッカーの写真においては作品の存在感が非常に大きく感じられる。シュペッカーの写真は鑑賞者の視線を導いて輪郭をなぞらせ、表面と空間の相互作用に注目させる。この内省的な鑑賞の仕方は、ニコライが作る壁の表面において計算された部分である。ニコライとシュペッカーが共同で出版した本書は、写真集という形で写真を表現手段として使い、再構築された空間の中へ美的な介入を行うことに関して考察している。

Olaf Nicolai developed the work “Le pigment de la lumière” for the reconstructed Master’s Houses in Dessau. It involved coating the walls with marble dust with varying degrees of granulation to create a geometrical pattern, thus producing a subtle relief that responds to the changing light conditions. In this work, Nicolai continues to pursue his artistic interest in grappling with the formal concept of camouflage, since, to begin with, the wall surfaces are almost invisible to the viewer. Heidi Specker gives “Le pigment de la lumière” a heightened sense of presence in her photography. Her pictures direct the gaze of the viewer to the contouring and the interplay of surface and space―a reflective phenomenon that is a calculated part of Nicolai’s wall surfaces. In Nicolai and Specker’s joint publication, an aesthetic intervention in the reconstructed space is further extrapolated using the medium of photography presented in book form.

by Heidi Specker , Olaf Nicolai

REGULAR PRICE ¥4,500

softcover
48 pages
205 x 270 mm    
color
2015

published by SPECTOR BOOKS