VELE by Tobias Zielony

ドイツ人フォトグラファー、映像作家であるトビアス・ツィローニ(Tobias Zielony)の作品集。マフィアが戦闘を繰り広げるナポリ北部のカモッラ地区に建つ未来的な公共団地「Le Vele di Scampia」。1970年代後半にイタリア人建築家フランチェスコ・ディ・サルボ(Francesco di Salvo)によって建設されたこの建物は、都会的な「Le Vele(帆)」のようなデザイン広く知られ、完成前からマフィアたちによって不法占拠されていた。今日この集合住宅はナポリの街におけるカモッラ地区の力の象徴であり、ヨーロッパの麻薬密売取引の中心地でもある。イタリア人映像作家、マッテオ・ガローネ(Matteo Garrone)は、2018年にこの場所でイタリア人作家のロベルト・サビアーノ(Roberto Saviano)が著した小説が基となっている映画『Gomorra』を撮った。作者の2009年の映画『Le Vele di Scampia』も同じ場所で撮影されている。作者は夜にデジタル一眼レフカメラで撮った7,000枚ものイメージから9分間のアニメーションフィルムを制作。この映画からセレクトされた287枚のイメージを収録している。

”Le Vele di Scampia” is a futuristic housing estate in northern Naples and a Camorra battlefield. Conceived by Francesco di Salvo in the late seventies and widely recognised for their urbanistic, ”Le Vele” (The Sails) were squatted by mafia families even before completion. Today the building complex is a symbol of the Camorra’s power in the Naples region and a key centre of European drug trafficking. Matteo Garrone shot his movie ”Gomorra” based on the Novel by Roberto Saviano on the site in 2008. Tobias Zielony’s film ”Le Vele di Scampia” from 2009 originates in this very place. Seven thousand single images, shot at night with a digital single-lens reflex camera, are used to create nine minutes of animation film. The book ”Vele” is based on this animation film with an selection of 287 single images.

by Tobias Zielony

REGULAR PRICE ¥6,800

softcover
576 pages
200 x 263 mm    
color
2014

published by SPECTOR BOOKS