TRONA - ARMPIT OF AMERICA by Tobias Zielony

ドイツ人フォトグラファー、映像作家であるトビアス・ツィローニ(Tobias Zielony)の作品集。ベルリンに拠点を置く作者は、カリフォルニアにある麻薬に支配された殺伐としたちっぽけな街を訪れた。作者はその理由を「もし世界一でなければアメリカ一最悪な場所かもしれない」からだとあるブログで述べている。作者の写真は、何日間もハイでいられる代わりにたった数カ月の使用で何十年分も人を老いさらばえさせる結晶状の麻薬の生産者、密売人、常用者で占められた小さな街を写し出す。「この薬を科学者はメタンフェタミンと呼び、中毒者は『クリスタル』とか『メス』と呼ぶ。政治家たちはこれを『アメリカの新たな流行病』と呼んでいる。」(「フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング」紙のピーター・リヒター(Peter Richter)の言葉より抜粋)

Berlin-based photographer Tobias Zielony has visited the small, ramshackle Californian chemistry city because it is “possibly the worst place in America, if not the world”, to quote a blog; his pictures show a small town entirely in the grasp of producers, dealers and consumers of a crystalline drug that keeps people on their toes for days and lets them age decades in the course of a mere few months. “Chemists call it methamphetamine, addicts call it ‘crystal’, or ‘meth’, or both; politicians call it the new American pandemic.” (Peter Richter in Frankfurter Allgemeine Sonntagszeitung)

by Tobias Zielony

REGULAR PRICE ¥2,400

softcover
32 pages
210 x 305 mm    
color
2008

THIRD EDITION

published by SPECTOR BOOKS