JENNY JENNY by Tobias Zielony

ドイツ人フォトグラファー、映像作家であるトビアス・ツィローニ(Tobias Zielony)の作品集。作者の最新作は偶然の出会いから始まった。ベルリンの地下鉄で若いカップルと会話をしたのをきっかけに、彼らに写真を撮ってもいいかと持ちかけた。次の駅のプラットフォームでささっと何枚か写真を撮った。女性は作者に自分はいつもこの辺にいるから、ここに来ればいつでも写真を撮ってもよいと言った。「ここで?」「私はこの直ぐ近くの通りでいつも客引きをしているから!」そうしたことを経て再会し、作者は最初の内は彼女を、後には仲間の売春婦たちのポートレイトを撮った。こうしてできた40ページの『Jenny Jenny』はドキュメンタリーではない。確かなものや真実を捉えるために作者は報道写真の煽情主義を避けている。ジャーナリズムとドキュメンタリーはどちらもドラマチックな要素から逃れることはできないが、作者にとって被写体に嘘偽りがないことはドキュメンタリーのイメージの客観性の問題と同じくらい大きな意味を持つのである。本書はベルリーニッシェ・ギャラリーで開催された個展「Tobias Zielony: Jenny Jenny」に伴い刊行された。

Tobias Zielony’s recent photo series started with a chance encounter. A conversation with a young couple on a Berlin subway train led Zielony to suggest to photograph them. At the next stop they took a few quick shots on the platform. She told him that she could always be found around here, and he could come back anytime to take more pictures. »”Here?”―“I walk the street, right around the corner!” They meet again, Zielony first portrays her and then also her fellow prostitutes and friends. The result is the 40 part series “Jenny Jenny”. It is not documentary: Tobias Zielony avoids the journalistic impetus for certainty and truth. To him, the authenticity of the subject is as relevant as the question of the objectivity of the documentary image: both are never free of dramatic elements. The book was published on occasion of the exhibition “Tobias Zielony: Jenny Jenny” in the Berlinischen Galerie.

by Tobias Zielony

REGULAR PRICE ¥5,200

hardcover
128 pages
235 x 275 mm    
color
2013

published by SPECTOR BOOKS