PAINTING 2010-2011 by Gerhard Richter

ドイツ人画家、ゲルハルト・リヒター(Gerhard Richter)の作品集。パリのギャラリー「Marian Goodman Gallery」で開催された展覧会に伴い刊行された。本作は、作者による2つの抽象絵画シリーズを収録。「千夜一夜物語」に影響を受け「Ifrit」「Perizade」など関連性のあるタイトルが付けられている。初期作品では、漆で作ったものをガラスの後ろに置きアルミに取り付けたサイズの小さい14作品で構成される。その後にイメージの制作という観点において偶然性を持つ役割を広く探求した「Strip Paintings」シリーズが現れる。ドイツ人美術史家のベンジャミン・H・D・ブクロー(Benjamin H.D. Buchloch)によるエッセイ『Painting Progress, Painting Loss』を収録し、現代絵画での位置付けを作者がどのように探るのかを分析する。本書内の作品群は、アルゴリズムやデジタル印刷などの技術を使用したことにより、科学的な不偏とも言える部分に到達しており、視覚芸術という分野について新たな技術の可能性を讃えられ得る。

Published on the occasion of the exhibition that took place at Galerie Marian Goodman in Paris, this catalogue includes two abstract series by Gerhard Richter. Drawing inspiration from the book 1001 Arabian Nights – with titles like Ifrit and Perizade – the first one comprises 14 small format works made of lacquer behind glass and mounted on aluminum. The second are works from Richter's Strip Paintings, a large body of works where the artist explores the role of chance in the creative process. Included in this book is an essay by Benjamin H.D. Buchloh, Painting Progress, Painting Loss, that analyzes the way the artist explores the status of contemporary painting. Thanks to the use of techniques like algorithms and digital printing, these works reach an almost scientific impartiality and celebrate the potential of new technologies in the field of visual arts.

by Gerhard Richter

REGULAR PRICE ¥8,800

hardcover
60 pages
241 x 305 mm
color
2011

published by MARIAN GOODMAN GALLERY