CAGE by Gerhard Richter

ドイツ人画家、ゲルハルト・リヒター(Gerhard Richter)の作品集。「CAGE」の6つのペインティングは一つのシリーズとして制作され、2007年の「ヴェネツィア・ビエンナーレ」で初めて展示された。タイトル「CAGE (1-6)」は、アバンギャルドな作曲家として知られるアメリカ人音楽家 ジョン・ケージ(John Cage)へのオマージュである。よく知られているように、自身の曲でケージは「『無』のレクチャー(lecture on nothing)」で、「私は何も言わない。それが私の主張だから(“I have nothing to say and I’m saying it”)」と宣言する。作者も同等にイデオロギーに対して疑問を抱き、真実に対して主張はない。自身のペインティングに心理学的な解釈を与えることを避け、むしろ観る者と批評家にそれぞれの回想をさせる方を好む。本書には、批評家のロバート・ストー(Robert Storr)が作者の幅広い抽象画の制作の中で「CAGE」の重要性について考察する。細部にわたる記録写真の膨大なシリーズは、それぞれのペインティング作品の発展を日々記録し、作者の制作過程にユニークなまなざしを向け、作者が巨大なキャンバスに向かい制作する姿を見せる。

The Cage paintings were conceived as a single coherent group and displayed for the first time at the Venice Biennale in 2007. Their titles, Cage (1–6), pay homage to the American avant-garde composer John Cage (1912–92). In his ‘Lecture on Nothing’, Cage famously declared “I have nothing to say and I’m saying it”. Richter is equally suspicious of ideologies and any claim to absolute truth. He shies away from giving psychological interpretations to his paintings, preferring to allow viewers and critics to make up their own minds. In this book (published in French), leading critic Robert Storr considers the importance of the Cage paintings within Richter’s practice and within the wider context of abstract art. A series of extraordinary, detailed photographs document the development of each painting, day by day, and show the artist at work on these monumental canvases, giving unique insight into his working methods.

by Gerhard Richter

REGULAR PRICE ¥6,000

hardcover
200 pages
248 x 248 mm
color
2011

published by HENI PUBLISHING