GESELLSCHAFT BEGINNT MIT DREI by Andrzej Steinbach [GERMAN EDITION]

ドイツ人フォトグラファー、アンジェイ・スタインバッハ(Andrzej Steinbach)の作品集。2015年に作者は二人の女性のポートレイトからなる写真集『FIGUR I, FIGUR II』を出版した。今回の新作では被写体を二人から三人に増やし「どうして私たちは二人一組の構成に疑念を抱き、三人組の配置を使いたがるのか」という問いに写真で向き合った。作者は、グループあるいは家族のポートレイトという古典的なフォーマットに対し写真を通じて探求することから出発した。登場するモデルは全員カメラの方を向き、見る者の方に視線を投げかけている。しかし、見えるのは一人の人物を中心にしたフレームのみで、他の人物はクロップされている。このシリーズの中で、モデルたちは立ち位置や洋服を次々と交換する。これが意図的な混乱を生じさせ、どの写真を見ても三人組の構成は崩れている。英語で『SOCIETY STARTS AT THREE』というタイトルはウルリッチ・ブリョックリング(Ulrich Bröckling)の同名のエッセイに由来している。本作において作者はそのタイトルの通り「三人集まれば社会になる」という考えを写真で表現することに成功している。

In 2015 Andrzej Steinbach published the photo book Figur I, Figur II, which included portraits of two women. In his new book he extends this circle, using photographs to tackle the question, why should we distrust binary systems of organization and turn to triadic configurations? Steinbach begins his photographic exploration with the classical format of the group or family portrait. All the models involved are turned to the camera and direct their gaze at the viewer. But we only ever see a single person centre-frame; the others have been cropped. The models switch positions, and clothing, in the series of images: this creates deliberate confusion and the three-person constellation keeps going out of order. The title Society Starts at Three is based on the essay of the same name by Ulrich Bröckling and is Steinbach’s successful attempt to convert this idea into photographs.

by Andrzej Steinbach

REGULAR PRICE ¥3,800

softcover
120 pages
230 x 295 mm    
black and white
2017

GERMAN EDITION

published by SPECTOR BOOKS