DER APPARAT by Andrzej Steinbach

ドイツ人フォトグラファー、アンジェイ・スタインバッハ(Andrzej Steinbach)の作品集。写真を撮っている最中の写真家をテーマとした一冊。被写体は写っていないが、どのように被写体を見つめるのか、体との関係性においてカメラがどう動くのか、運動装置である身体がどのようにして主題と向き合うのかなど、撮影プロセスの一歩一歩を見ることができる。セッション全体は実験室的な環境の中で記録されており、カジュアルな服装から防弾チョキにヘルメットと、写真家は異なるスタイルの洋服に身を包み、オフィスのカーペットの上に置かれた立方体の間を動き回る。異なる意味を持つ様々な場所やシナリオが本作の中でシミュレーションされている。過去に刊行した『FIGUR I, FIGUR II』、『GESELLSCHAFT BEGINNT MIT DREI』で作者は外見、記号の理解度、身振り、人物の間の関係性などを重視していたが、今回は一人の人物が登場する物語の筋書にフォーカスしている。作者にとってポートレイトシリーズの三作目であり、現時点では完結作である一冊。

The Apparatus shows a photographer taking photographs. We do not see what she is recording but we follow all the individual steps in the process: how she looks at her subject, how the camera behaves in relation to the body, how the body―the locomotor apparatus―turns towards the object. The whole session is recorded in a laboratory situation: the figure wears different styles of clothing―casual look and bullet-proof vest with helmet―and moves on an office carpet between cuboid objects. Different places and scenarios with different meanings are simulated. Steinbach’s previous series Figur I, Figur II and Gesellschaft beginnt mit drei were more about appearance, the question of the legibility of signs, gestures, and the relationships between the figures: here, in The Apparatus, the focus is on a storyline with a figure. It is the third and, for the time being, last part in Andrzej Steinbach’s portrait series.

by Andrzej Steinbach

REGULAR PRICE ¥4,500

softcover
124 pages
230 x 295 mm    
black and white
2019

published by SPECTOR BOOKS