FIGUR I, FIGUR II by Andrzej Steinbach

ドイツ人フォトグラファー、アンジェイ・スタインバッハ(Andrzej Steinbach)の作品集。人物I(Figur I)と人物II(Figur II)はどちらも若い女性である。この二人を見ていると頭が混乱してくる。特徴のない背景で撮影された人物Iは、ポーズと衣装をころころ変えるので、特定の役割を持っているようには見えない。写真によっては女性らしくも男性らしくも見えるが、この曖昧さを解消する手立てはない。人物IIについても同じことが言える。彼女はブラインドの前に立ち、目だし帽を着けようとしている。人物Iと同様に彼女にも明確な役割は与えられていないが、これは作者が意図した効果である。マリアンヌ・ウェックス(Marianne Wex)の写真作品を思わせる作者の2つのモノクロのポートレイトシリーズは、注意深く観察し、比較することを鑑賞者に求めている。ファッションフォトグラフィーにおける、言語的な役割でのジェスチャーを何度もくり返して遊びながら、作者はイメージから余分なものをそぎ落としてモデルたちの「取り除くことができないアイデンディ」を明らかにしようとする。

Figure I and Figure II are two young women who immediately confuse the viewer. Figure I is photographed against a neutral background, striking various different poses and dressed in an assortment of clothes that make it impossible to ascribe her a fixed role. Depending on which photograph you are looking at, the figure may look more female or more male ― there is no way to resolve the ambiguity. The same is true for Figure II: she stands in front of a lamella curtain, trying on a tube cowl. As with Figure I, there can be no clear-cut role assignment, which is the effect Steinbach is striving for. His two black-and-white portrait series ask the viewer to look carefully and make comparisons ― reminiscent of Marianne Wex’s photo studies. The artist plays with the gestural language of fashion photography, which he repeatedly subverts, paring away at the image to reveal the “residual identities” of his models.

by Andrzej Steinbach

REGULAR PRICE ¥4,800

softcover
184 pages
220 x 295 mm    
black and white
2015

published by SPECTOR BOOKS