DISPLACEMENT by Lawrence Weiner

アメリカ人コンセプチュアルアーティスト、ローレンス・ウェイナー(Lawrence Weiner)の作品集。1991年4月から1992年6月までニューヨークの「ディア芸術センター(Dia Center for the Arts)」で開催された展覧会に伴い刊行された。

作者のテキスト作品は、設置方法が具体的に特定されていないため、それぞれの会場の状況に応じて無限に適応し、無数の姿を現すことが可能である。この展覧会では、作者が1969年に制作された作品「Statement of Intent」の一部が再構成され、その後「ディア・ビーコン(Dia:Beacon)」で長期展示された作品を発表した。さらに、新作のテキスト作品「Bits & Pieces Put Together to Present a Semblance of a Whole」や「CADMIUM & MUD & TITANIUM & LEAD & FERROUS OXIDE & SO ON . . . 」が展示された。この2点は、その後、複数の会場で再構成され、「CADMIUM & MUD & TITANIUM & LEAD & FERROUS OXIDE & SO ON . . . 」は近年「ディア・ビーコン(Dia:Beacon)」で展示された。本プロジェクトでは、ギャラリーでのインスタレーションと書籍と、2つのフォーマットを用いてテキスト作品として制作された。このように書物と大規模なサイトスペシフィック作品の間で言葉を移動するという本と展覧会の相互依存関係は、作者の活動におけるモチーフとなっており、本書では簡潔に表現されている。

本書は、作者の代表的なタイポグラフィ作品が丁寧に構成されているほか、一連のインスタレーションの記録写真、そしてアメリカ人キュレーターのゲイリー・ギャレルズ(Gary Garrels)による本展並びに本書に関する解説が収録されている。

Displacement is a superbly designed artist's book recording Weiner's 1992 show at the Dia Center for the Arts in New York. It contains Weiner's classic typographic settings, carefully composed for the page, with a sequence of installation shots and a brief commentary on the book and exhibition by Gary Garrels. The interdependence between book and exhibition, which is a motif of Weiner's career, here finds concise expression in a volume that is a treat to move through.

by Lawrence Weiner

REGULAR PRICE $96.00

hardcover
112 pages
248 x 248 mm
color
1991

published by DIA ART FOUNDATION