BENT & BROKEN SHAFTS OF LIGHT by Lawrence Weiner

アメリカ人コンセプチュアルアーティスト、ローレンス・ウェイナー(Lawrence Weiner)の作品集。作者がギャラリーや展示スペースの壁に直接作品を描き始めたのは1970年代のことであった。それ以前は、作品を招待状として送ったり、新聞紙面に掲載したり、作品を印刷したマッチ箱を大量生産していた。ドイツのヴォルフスブルク美術館で展覧会をすることになった作者は、実体を持たない光と色をテーマにした作品を構想した。緑、黄色、赤、紫と様々な色に輝き、揺れ動くオーロラにインスピレーションを得て、40 x 16.5メートルの壁面の1つ1つにこれらの色を使って縞模様を描いていった。ストライプに書かれた白抜きの文字は、壁に沢山の窓が開いているような効果を与えると同時に、壁自体がほとんど透明になっているような錯覚を生み出しているその作品は、単なる自然現象の模倣以上に私たちの心に働きかける。展示空間でテキストを読んでいる鑑賞者の頭の中では、様々なレベルの理解・認識の間に複雑な相互作用が発生することとなる。作者の魅力を余すところなく伝える本書は、同プロジェクトのために製作された全ての壁面に加え、室内と室外で展示された初期の作品も収録。

In the 1970s Lawrence Weiner started inscribing his works directly onto the walls of galleries and exhibition spaces. Before that he had already been sending out his work on invitations cards, publishing it in newspapers, or proliferating it on matchboxes. For the Kunstmuseum Wolfsburg Weiner conceived a work that deals with colours and the immateriality of light. He drew his inspiration from the play of the green, yellow, red and violet of the northern lights. Stripes in these colours were applied to each of the 40 x 16.5 metre walls. The white of the writing on these walls creates the effect of apertures, while the walls themselves seem almost transparent. Weiner's work does more than simply reflect a natural phenomenon: amongst other things "Bent & Broken Shafts of Light" generates a complex interplay of different levels of perception in the viewer reading the texts in the exhibition space. This fine artist's book devoted to Weiner's work shows all the walls realised for this project as well as earlier works both inside and outside in the open air. Exhibition Schedule: Kunstmuseum Wolfsburg 11.11.2000-18.2.2001.

by Lawrence Weiner

REGULAR PRICE ¥7,800

softcover
82 pages
207 x 324 mm
color, black and white
2000

published by HATJE CANTZ