WORKS ON PAPER / OPERE SU CARTA 2010-2012 by Carmen Herrera

ニューヨークを拠点に活動するキューバ系アメリカ人アーティスト、カルメン・ヘレーラ(Carmen Herrera)の作品集。作者は1960年代を通じて紙に描いた絵画をいくつも制作したが、その後はキャンバスにフォーカスを置くようになる。2010年に再び紙に回帰した新しい作品群には、この表現媒体の使い方の変化だけでなく、作者が到達した新しい次元も示されている。絵画制作の中心となっている準備的なドローイングは、全ての作品の出発地点である。紙に鉛筆とアクリル絵具で描かれた絵画の制作プロセスとして、線と数字、規律正しい決断が支配する数学的なドローイングをトレーシングペーパーに描くことから始めている。この作業を通じて、作者は構図の根拠と色の選択を形にしていく。その後仕上がったドローイングを、サイズの異なる2枚の大きな紙に同じ比率で拡大して描き出す。本書に収められた作品を見ると、作者の数学的な正確さとヴィジョンの明確さが様々な形、構成、空間の関係を通じて表現されていることが良く理解できる。本書は、ミラノの「Lisson Gallery」で2013年1月25日から3月15日に開催された当時の最新作を展覧した『Carmen Herrera: Works on Paper 2010–2012』の個展に伴い刊行された。

This title is published on the occasion of Carmen Herrera: Works on Paper 2010–2012, an exhibition of new works shown in Lisson Gallery, Milan (25 January – 15 March 2013). Herrera produced a number of paintings on paper throughout the 1960s but subsequently focused on canvas until revisiting the medium in 2010. This new body of work showcases not only her revised treatment of the medium but also a new dimension to her work. Preparatory drawing lies at the core of Herrera’s practice and is the starting point for all her work. Herrera begins the process of making these paintings (comprising pencil and acrylic on paper) with mathematical drawings on tracing paper that are governed by lines, numbers and disciplined decisions. It is here that the compositional rationale and choice of colour are formulated. As the works shown here demonstrate, once translated onto larger paper, of two different sizes carrying the same proportions, her mathematical precision and clarity of vision are expressed through a variety of shapes, structures and spatial relationships. English and Italian text.

by Carmen Herrera

REGULAR PRICE ¥5,800

hardcover
88 pages
290 x 240 mm
color
2013

published by LISSON GALLERY