ESTRUCTURAS by Carmen Herrera

ニューヨークを拠点に活動するキューバ系アメリカ人アーティスト、カルメン・ヘレーラ(Carmen Herrera)の作品集。作者の彫刻シリーズ「Estructura」がまとめた決定版。新作に加え、貴重なアーカイブ資料やスケッチ、図面、展覧会のインスタレーションの写真、未公開のドローイングや、作者の直近の巡回回顧展のキュレーター、ダナ・ミラー(Dana Miller)のエッセイを収録。 鮮やかな色彩の抽象画を三次元に拡張した「Estructuras」を初めて深く掘り下げた一冊となっており、作者は周囲の壁を構図の一部として取り込んだ1つの環境として思い描いた。本シリーズは「彫刻になることを切望した」ペインティングがベースとなっており、作者が強くこだわる平面性とペインティング作品が見せる二次元性から見ると、それを壊す作品群とも言える。不規則な形の彫刻は作者の作品では唯一の単色だが、彫刻や壁にかけられた作品の隙間から見える壁の白が第2の色だと作者は語る。1969年から本シリーズのスケッチや準備、制作が始められたが、カール・アンドレ(Carl Andre)、ドナルド・ジャッド(Donald Judd)、バーネット・ニューマン(Barnett Newman)など、ミニマリズムを掲げた主要な彫刻家たちがその手法を探求し始めたのと同時期に当たる。一緒に作品を作っていた大工がこの世を去ったために、その2年後に作品を放棄している。ドローイングから生まれた形が絵画や彫刻へと変化し、作者の描くくっきりとした正確無比な輪郭が形あるものとして姿を現したこの作品群は、自身のキャリアの中でも重要な瞬間を示している。 本書は2018年9月から10月にニューヨークの「Lisson Gallery」で開催されたシリーズ最新作を含む展覧会「Carmen Herrera: Estructuras」、2019年7月から11月までニューヨークのシティホール・パーク(市庁舎公園)で開催された、ニューヨークのアート支援団体「Public Art Fund」が企画した作者にとって初の屋外彫刻展「Estructuras Monumentales」に伴い刊行、両展示のようすが収録されている。

EXHIBITION:

アナザーエナジー展:挑戦しつづける力―世界の女性アーティスト16人
会期:2021年4月22日(木)- 9月26日(日)
時間:10:00-22:00 / 火曜日のみ -17:00
開催場所:森美術館
詳細

This comprehensive publication chronicles a major body of work by New York-based Cuban-American artist Carmen Herrera. Featuring an essay by Dana Miller, art historian and curator of the 2016-2017 travelling retrospective on Herrera’s work, Lines of Sight, as well as rare archival material, sketches and never before published drawing — it marks the first time the Estructuras have been explored in depth.

Based on paintings really "crying out to become sculpture" the Estructuras represent a rare break in Herrera's insistent planarity and the two dimensionality of her paintings. The artist began the sketches and preparations for her Estructuras (Structures) in the late 1960s, around the same time that key Minimalism sculptors including Carl Andre, Donald Judd and Barnett Newman were early in their exploration of the medium. Of the shift Herrera has noted: “It became clear to me that the linear elements in my work required a hard surface to integrate structurally the “hard edges”.”

This fully-illustraged pubication includes a comprehensive section of these forms, including floor and wall-based renditions, as well as reproductions of Herrera's newest exploration of these works on monumental scale. In additon to documentation of the 2018 exhibition of new Estructuras at Lisson Gallery in New York, the book includes installation photography of Estructuras Monumentales, the first major exhibition of outdoor sculptures by Herrera, organised by Public Art Fund and on view at City Hall Park in New York City from July – November 2019.

by Carmen Herrera

REGULAR PRICE ¥7,150  (tax incl.)

hardcover
200 pages
229 x 305 mm
color
2021

published by LISSON GALLERY