PAINTINGS IN PROCESS by Carmen Herrera

ニューヨークを拠点に活動したキューバ系アメリカ人アーティスト、カルメン・ヘレーラ(Carmen Herrera)の作品集。2020年9月から10月にかけてニューヨークの「LISSON GALLERY」で開催された展覧会に伴い刊行された。

ハード・エッジ、構造的抽象絵画を主導するアーティストである作者が、過去10年で制作した作品のセレクションを紹介している。105歳を数える作者はニューヨークと戦後のパリ、そして故郷のハバナで過ごした数十年を通してユニークな幾何学的スタイルを確立した。しかし、その作品が認められ始めたのは2000年代初頭のことである。作者のプロセスの原点は、1938年から1939年までキューバの「ハバナ大学(Universidad de La Habana)」で建築を学んだことに遡る。「建築学校に行かなかったらこのような方法で絵は描いていないだろう」と語るように、作者はこのことを抽象的に考え、描くことを学んだ場所として話している。作者のプロセスは、色と形の緻密な制約と抽出がしばしば特徴とされているが、芸術的かつ科学的創造力の完璧なシナジーと称するのが最も適しているのではないだろうか。

Recent works by the great exponent of hard-edged architectural abstraction

This publication highlights a selection of works by Cuban American artist Carmen Herrera (born 1915) from the past decade. At 105 years old, Herrera has developed her signature geometric style over the course of decades spent in New York City and postwar Paris, as well as her hometown of Havana; however, it was only in the early 2000s that she began to receive acclaim for her work. The origins of her process trace back to her early studies in architecture at the Universidad de La Habana in Cuba from 1938 to 1939. She often credits this training as where she learned to draw and to think abstractly, stating, “I wouldn’t paint the way I do if I hadn’t gone to architecture school.” While Herrera’s process is often characterized by meticulous constraint and distillation of color and shape, it is perhaps best described as a perfect synergy of artistic and scientific creativity.

by Carmen Herrera

REGULAR PRICE $75.00

softcover
128 pages
280 x 420 mm
color
2023

published by LISSON GALLERY