TYRE CHOICE 
by Gerry Johansson

スウェーデン人フォトグラファー、ゲリー・ヨハンソン(Gerry Johansson)の作品集。1962年から2016年の間にスウェーデン、モンゴル、アメリカ、日本、スペイン、ドイツで撮影された写真で構成されている。特装版に付属するプリントエディション数「12枚 x 2種」や本書掲載イメージ数「24枚」は、1996年以前に採用されていたFormula 1®(F1)における規則の一つ「107%ルール」の伝統に敬意を評し、参戦可能台数の24と予選規定周回数12を引用している。

Tyre Choice [taɪə tʃɔɪs]
タイヤ選択。自動車競技において主に使われる用語。状況に応じた正しいタイヤ選択を素早く行うことは勝利に必要不可欠である。勝者となるか、周回遅れの敗者となるかの明暗を分けうる。

Choosing Tyres [chü-ziŋ tʃɔɪs]
「正しい」タイヤを選ぶこと。タイヤの正しさの意味合いは目的によって異なる。例えば、アメリカ人アーティストのロバート・ラウシェンバーグは、古タイヤをベルトとして身につけた剥製のアンゴラ山羊が絵画の上に立っている自身のインスタレーション作品「Monogram」(1955-59)において、そのフィット感を高めるために高扁平のクロスプライ・タイヤを選んでいる。

Getting Tyred [gä-tən tajɚd]
誰かの手によって丁度良いタイヤを手に入れること。ちなみに、アメリカ英語の場合タイヤの綴りは「tire」となるが、そうすると意味がまた変わってくるので気をつけること。

Tyre Choice
[taɪə tʃɔɪs] is a term mostly used in the world of motor racing. To make the right tyre choice for the circumstances – at the right time – is essential for success. It can make the difference between winning and being lapped by the winner.

Choosing Tyres [chü-ziŋ tʃɔɪs] choosing the ‘right’ tyres. Different tyres can be right for different purposes. For instance, the American artist Robert Rauschenberg choose a high profile cross-ply tyre to fit around a goat in his installation “Monogram” from 1955–1959.

Getting Tyred [gä-tən tajɚd] having the tyres fitted by someone else. If “tire”, the American spelling of tyre, beware of misunderstanding.

Photographs made between 1962 and 2016 in Sweden, Mongolia, USA, Japan, Spain and Germany. The extent of its special edition and the amount of images is an homage to the 107% rule, which indicates that twenty four cars can take the start of a Formula 1® race, and the fact that each driver was limited to twelve laps per qualifying session, traditionally before 1996.

by Gerry Johansson

REGULAR PRICE ¥5,800
国内送料無料 / Free international shipping over 50,000 yen.

hardcover
36 pages
245 x 305 mm
black and white
limited edition of 400 copies
2017

published by LIBRARYMAN