SKETCHBOOK by Stanley Whitney

アメリカ人アーティスト、スタンレイ・ホイットニー(Stanley Whitney)の作品集。1970年代の半ばより継続して同じものが二つとない様々な色の四角形から碁盤の目状の構成を作り、体の動きを使って印や直線を画面いっぱいに描く手法で色の持つ幾何学的な可能性を模索してきた。ニューヨークのLisson Gallery」で2017年9月8日から10月21日まで開催された展覧会「Sketchbook」は、1989年から開催当時までの主要な作品を中心とした初のドローイング展覧会となった。空間的な構成や色の配置の実験などを紙上で発展させていくため、そのドローイングは創作における非常に重要な要素となっている。制作においてモレスキン社製ノート「カイエ」をスケッチブックとして使用しており、本書は数あるスケッチブックの中の一冊を複製、未公開作品を数多く含んでいる。原本の雰囲気を損なわないように、装丁にはモレスキンに使用されている紙と同種を使用し、製本の方法も可能な限り忠実に再現。このことが功を奏し、作者のすぐそばで制作やそのプロセスを見ているような仕上りとなっている。因みに、オリジナルのスケッチブックは展覧会ではガラスケースに入れて展示された。

Stanley Whitney has been exploring the formal possibilities of colour within ever-shifting grids of multi-hued blocks and all-over fields of gestural marks and passages, since the mid-1970s. His exhibition at Lisson Gallery, New York (8 September – 21 October 2017) is the first major presentation of his drawings, highlighting important works from 1989 to the present. Whitney’s works on paper are a critical component of his practice, in which he develops his spatial structure and experiments with the placement of color. This publication is a facsimile of one of the artist’s sketchbooks. This is a facsimile of one of Stanley Whitney’s Moleskin Cahier sketchbooks and has never been seen before. We have matched the paper and binding materials as close as possible to closely approximate the original. An intimate look at the artist’s working method and process. The original sketchbook will be exhibited in a vitrine within the show.

by Stanley Whitney

REGULAR PRICE ¥4,600

softcover
120 pages
254 x 195 mm
color
2017

published by LISSON GALLERY