AFTERNOON PAINTINGS by Stanley Whitney

アメリカ人アーティスト、スタンレイ・ホイットニー(Stanley Whitney)の作品集。本書はロンドンの「Lisson Gallery」で2019年秋に開催された展覧会に伴い刊行された。作者の作品の中でも比較的小さい作品を集め、ミシンで綴じ、また折り込みポスターのような形で大きく作品を見ることもできる美しいカタログ。スタジオで制作した時に使い残した絵の具を使い切ることは、作者にとって様々なサイズのキャンバスに色を塗ることに集中するための本能的なプロセスである。こうして作られた小さな絵画作品のシリーズは、以前に制作された大きな作品のリズムや色を反映してはいても、経験や一段と自由な筆遣いによって別のものに生まれ変わっている。大型の作品に比べてレイヤーや重ね塗りが少なく、のびのびと描かれたこれらの作品からは、作者がいかに真剣に「実践」に取り組んでいるかが伝わってくる。作者自身は、絵画制作は運動選手のトレーニングや、ジャズミュージシャンが1人で即興演奏の技術を磨くためにこっそり練習をするという意味で使う「wood-shedding」に似ていると語る。

Published after the exhibition ‘Stanley Whitney: Afternoon Paintings’ (autumn 2019) at Lisson Gallery in London, this beautiful catalogue investigates the American artist’s work executed at a smaller scale. The act of finishing up any paints leftover in the studio is an instinctual process which allows Whitney to work intensively on these different sized canvases, echoing the rhythms and colours derived from the previous painting session, only now remixed and recalibrated by experience and a new freedom of gesture in smaller format. Apart from their informality and spontaneous nature – involving fewer layers and less overpainting than Whitney’s large compositions – these works reveal Whitney’s dedication to his ‘practice’, which he likens to athletic training or the ‘wood-shedding’ that jazz musicians refer to when describing time spent honing their improvisatory skills behind closed doors.

by Stanley Whitney

REGULAR PRICE $36.00

softcover in a slipcase
56 pages
320 x 268 mm
color
2020

published by LISSON GALLERY