PURE CONSCIOUSNESS 1998–2013 by On Kawara

日本人コンセプチュアルアーティスト、河原温(On Kawara)の作品集。展覧会プロジェクト『PURE CONSCIOUSNESS』の作品集を完全複写、復刻したボックスセット。本シリーズで作者は、1997年の1月1日から7日までの一週間、毎日新たな『日付絵画(Date Paintings)』を制作したが、彼がキャンバスに描いたのはその日の日付だけだった。1、2、3、4、5、6、7は子供が最初に学ぶ数字だ。『PURE CONSCIOUSNESS』では、新しい1年を刻む日々と、子供たちが新たな技術を得てゆくプロセスが交わってゆく。1998年のシドニー・ビエンナーレで作者は、美術館の枠内を飛び出し、幼稚園でこれらの7枚の『日付絵画』を展示した。この展示に続き、作品は『PURE CONSCIOUSNESS』というタイトルのもと、世界中を旅することになる。作者は、この展覧会を4-6歳の子供たちに捧げた。この時期こそ、子供たちが時間の感覚を持ち始める成長時期であるからだ。絵は世界中21の幼稚園に何の説明もなく展示され、しばらくして突然姿を消した。インスタレーションの様子を写した写真やテキストを収めた小冊子は、全ての場所で同一のフォーマットを用い作成されたが、世界各地の離れ離れの場所で作られ、流通もしていなかったために、極めて希少なものとなっていた。本書はその21冊を、複製という作家のコンセプトとも通じる手法でまとめた一作。

On Kawara created a new picture every day from January 1 to 7, 1997, painting nothing on the canvases but the respective date. 1, 2, 3, 4, 5, 6 and 7 are the first numbers that children learn. The conscious marking of a new calendar year and the childhood acquisition of new skills come together in "Pure Consciousness." For the Sydney Biennale in 1998, On Kawara left the bounds of the museum in order to show these seven "Date Paintings" in a kindergarten. Since this first port of call, the paintings have travelled around the globe under the title "Pure Consciousness." The artist dedicates the exhibitions to children between four and six, because it is in this phase of childhood development that a concrete sense of time arises. The pictures have turned up, without any accompanying explanation, in 21 kindergartens around the world, to then suddenly disappear again after a while. A booklet with installation photos and texts was made in the same format for each location. This series is extremely rare as most of these catalogues were produced in remote places and were not distributed. The facsimile is in line with the artist's concept.

by On Kawara

REGULAR PRICE ¥60,000

22 softcover books in a box
320 pages in total
168 x 221 mm
color, black and white
limited edition of 250 copies + 50 h.c.
2018

NUMBERED

published by WALTHER KÖNIG