PEOPLE IN TROUBLE LAUGHING PUSHED TO THE GROUND by Adam Broomberg & Oliver Chanarin

ロンドンを拠点とするアーティスト・デュオ、 アダム・ブルームバーグ & オリバー・チャナリン(Adam Broomberg & Oliver Chanarin)の作品集。北アイルランド・ベルファストのドネガル・ストリート23番地にある建物の2階の小さな一室を占める「Belfast Exposed Archive」には、北アイルランド紛争を記録した14,000点以上のモノクロのコンタクトシートが保管されている。これらの写真を撮影したのはプロの報道カメラマンや一般市民であり、デモ運動、葬式、テロ行為だけでなく、お茶をしたり、女の子にキスしたり、列車を眺めたりなど当時の暮らしの中の何気ない風景も含まれている。「Belfast Exposed」は、「 The Troubles(厄介ごと)」と呼ばれた数十年に及ぶ長い紛争の時代に行われたイギリス政府の軍事行動を記録したイメージの慎重な管理に対する憂慮を受けて、1983年に創設されたストックフォト・ギャラリーである。アーカイブ中のイメージが選択、承認、選出されると、その印として青、赤或いは黄色の丸いシールがコンタクトシートの表面に貼られていた。本書では、これら点の位置によってイメージの見せ方を決めている。丸いシールの下に隠れた部分、言い換えれば、そのイメージが選ばれた瞬間に見えなくなった部分を抜き出して各頁の中央に配置している。記録係が適当に貼ったシールによって、コンタクトシートから切り出され、偶然的に形成されたこれらの断片的なイメージは、本書によって日の目を見るまで保存庫の暗闇の中で長い間静止していた被写体の欲望や苛立ち、途中で断ち切られたコミュニケーションなどの瞬間を今ここに再生し、それぞれが一つの世界として完結している。イメージの至るところに見受けられる跡は、コンタクトシートの表面につけられたものであり、これらの写真が多くの人の手に取られてきたことをほのめかす。その中には、山のように集められた種々様々なイメージに順番をつけ、何度も分類を繰り返してきた歴代の記録係も含まれている。このアーカイブは何年もの間一般公開されており、閲覧者の中には自分のイメージをマーカーやインクで塗りつぶしたり、はさみで切り取ったりするものもいた。何代も続く記録係たち、写真の編集者、法務関係者、アクティビストなどが残してきた痕跡に加えて、こうした非常に個人的な情報の抹殺の跡もありありと見て取ることができる。これらは、匿名の存在のままでいたいという人々の意思の表れである。

イギリスのフォトグラファーズ・ギャラリー主催「ドイツ・ボーズ写真賞」の2013年グランプリ受賞作家。

People in trouble laughing pushed to the ground. Soldiers leaning, pointing, reaching. Woman sweeping. Balloons escaping. Coffin descending. Boys standing. Grieving. Chair balancing. Children smoking. Embracing. Creatures barking. Cars burning. Helicopters hovering. Faces. Human figures. Shapes. Birds. Structures left standing and falling...

The Belfast Exposed Archive occupies a small room on the first floor at 23 Donegal Street and contains over 14,000 black-and-white contact sheets, documenting the Troubles in Northern Ireland. These are photographs taken by professional photo-journalists and 'civilian' photographers, chronicling protests, funerals and acts of terrorism as well as the more ordinary stuff of life: drinking tea; kissing girls; watching trains. Belfast Exposed was founded in 1983 as a response to concern over the careful control of images depicting British military activity during the Troubles. Whenever an image in this archive was chosen, approved or selected, a blue, red or yellow dot was placed on the surface of the contact sheet as a marker. The position of the dots provided us with a code; a set of instructions for how to frame the photographs in this book. Each of the circular photographs shown on the previous pages reveals the area beneath these circular stickers; the part of each image that has been obscured from view the moment it was selected. Each of these fragments – composed by the random gesture of the archivist - offers up a self-contained universe all of its own; a small moment of desire or frustration or thwarted communication that is re-animated here after many years in darkness. The marks on the surface of the contact strips – across the image itself – allude to the presence of many visitors. These include successive archivists, who have ordered, catalogued and re-catalogued this jumble of images. For many years the archive was also made available to members of the public, and sometimes they would deface their own image with a marker pen, ink or scissors. So, in addition to the marks made by generations of archivists, photo editors, legal aides and activists, the traces of these very personal obliterations are also visible. They are the gestures of those who wished to remain anonymous. 

Winner of the Deutsche Börse Photography Foundation Prize 2013

by Adam Broomberg & Oliver Chanarin

REGULAR PRICE ¥6,750
国内送料無料 / Free international shipping over 50,000 yen.

hardcover
416 pages
203 x 230 mm
black and white
2011

published by MACK