DODO by Adam Broomberg & Oliver Chanarin

ロンドンを拠点とするアーティスト・デュオ、 アダム・ブルームバーグ & オリバー・チャナリン(Adam Broomberg & Oliver Chanarin)の作品集。本作は、アメリカの映画スタジオ「パラマウント」の物置で発見された映画「Catch-22」(1970) の未公開部分が本プロジェクトの始まりとなっている。1968年に撮影された映画「Catch-22」は第二次世界大戦中のイタリアの小国が舞台となっており、その撮影の為のセットがメキシコの海岸沿いに作られ、映画の中では土地開発以前の当時のカリフォルニア湾(コルテス海)と沿岸の原風景が映し出されていた。そこで作者はその映画から今では見ることのできない当時の素朴なメキシコの原風景だけを抽出する形で再編集し、新しくドキュメンタリーを制作。また、当時の映画制作過程で使われていた18機のうちの1機の爆撃機(B-25)がその土地に埋まっているという事実が判明し、現地の考古学者達を巻き込んでチームを作りその爆撃機の発掘活動を行ったところ、そこで彼らが発見したのは全く予想とは違うものであった…。2014年にメキシコ・フーメックス美術館で行われた同タイトルの展覧会のカタログとして発行。

イギリスのフォトグラファーズ・ギャラリー主催「ドイツ・ボーズ写真賞」の2013年グランプリ受賞作家。

Dodo is the catalogue of an exhibition of the same name by artists Adam Broomberg and Oliver Chanarin. The exhibition originated with the discovery of unreleased material from the motion picture "Catch-22" (1970) in the storerooms of Paramount Picture. Filmed on a coastline in Mexico, which more closely resembled the Sicily of 1944 than the Sicily of 1968 did, these images show the coastal landscape and fauna of the Sea of Cortez at time when it had emerged from its previous isolation but before its subsequent urban development. Broomberg and Chanarin have reedited the material of the film, set in Italy during the Second World War, creating a nature documentary about Mexico in 1968, the traces of a pristine landscape that no longer exists. In the course of research, it was discovered that one of the eighteen airplanes used in the motion picture –the largest fleet of B-25s assembled since World War II– had been buried on location. Together with a team of archeologists from the UNAM, Broomberg and Chanarin organized an expedition to San Carlos, on the outskirts of Guaymas, to dig up the “Mexican plane.” What they found, however, was something else.

Winner of the Deutsche Börse Photography Foundation Prize 2013

by Adam Broomberg & Oliver Chanarin

REGULAR PRICE ¥8,000
国内送料無料 / Free international shipping over 50,000 yen.

softcover
160 pages
200 x 318 mm
color
2014