JOHN BALDESSARI: CATALOGUE RAISONNÉ VOL.4 1994–2004 by John Baldessari

アメリカ人アーティスト、ジョン・バルデッサリ(John Baldessari)の作品集。作者の全作品を網羅するカタログレゾネの第4巻。

本書は約370点の作品を収録し、1994年から2004年にかけての作品の変遷と発展を辿る一冊となっている。作者はこれまで一貫して写真を使用したアプロプリエーションの可能性を問い続けているが、この時期には写真という枠の中でその意味と一つの物語を生み出すための独自の手法をさらに発展させている。本書に含まれる「Goya series」は、キャリアの初期に確立した「フォト・テキスト」作品を再解釈したものであり、本シリーズでは写真とテキスト組み合わせた作品を制作している。加えて、2000年から2002年にかけて制作された「Overlap, Intersection, and Junction」では画面の中における空間の概念に言及、それぞれのシリーズが前のシリーズをベースにしていることが見てとれる。年表とともに併せて収録された美術評論家であるロバート・ストアー(Robert Storr)によるエッセイでは、この作品の一部を精査し、作者のキャリアの変遷とより広い歴史的背景の中での位置づけを語る。

全巻を通して、エディトリアル・ディレクターはロバート・ディーン(Robert Dean)、リサーチ・エディターはパトリック・パルド(Patrick Pardo)が担当する。

The fourth volume of the John Baldessari Catalogue Raisonné comprises approximately 370 works that represent the activity of this iconic conceptual artist between 1994 and 2004. Here, John Baldessari (b. 1931) continues to interrogate the possibilities of photographic appropriation, further developing his unique strategies for the production of meaning and narrative within the picture frame. Included in this crucial volume is the landmark Goya series, which shows the artist revisiting his characteristic photo-text pieces established early in his career. In the serial trio Overlap, Intersection,and Junction, produced between 2000 and 2002, Baldessari riffs on the notion of pictorial space, with each series building on the preceding one. Along with a full chronology, an essay contributed by the eminent critic Robert Storr closely examines a selection of these works, articulating their place within the evolution of the artist’s career and their much broader historical climate.

Patrick Pardo is research editor and Robert Dean is editorial director of the John Baldessari Catalogue Raisonné

A Brief History of John Baldessari by Bonjour Supermarché on YouTube

by John Baldessari

REGULAR PRICE ¥27,500  (tax incl.)

hardcover in a slipcase
536 pages
251 x 292 mm
color, black and white
2017

published by YALE UNIVERSITY PRESS