CONFABULATIONS by Torbjørn Rødland

ノルウェー人フォトグラファー、トールビョルン・ロドランド(Torbjørn Rødland)の作品集。辞書によるとタイトルの「Confabulations(作話症)」とは記憶障害の一種で、人をだます目的無く自身や周りに関する歪められた記憶を作り上げることだとされている。本品について「イメージを最も際立たせるものは主観性ではない」と評論家のイナ・ブロムは言う。「しかし、主観性は抽象という渦の中で見失われるものでもなく、単にいくつもある接続性のうちの一つである。レンズの種類、口径の設定、照明器具やフィルムのタイプが多数あるカメラもそのうちの一つだ。確固たる輝き、滑らかな魅力や、さりげない強情さも依然健在だが、それらは新たな材質的現実として独立して存在する。あたかも我々が永遠に解き明かすことができない物質界を表すかのように。」本作の中で、作者は微妙に間違いのある壊れた記憶や子供時代の空想世界をアナログ写真で表現する。本書は真実にたどり着くために事実を歪めているのである。この一元的なアプローチの中で分裂という手法は拒否されることも促されることもなく、新たな接続の開始点と見なされる。何百万もの滑稽なミームの下に作者は新たな魂を探し求めている。

A dictionary will tell you that confabulations are memory disturbances; the production of fabricated, distorted memories about oneself and the world, but without a conscious intention to deceive. 

“Subjectivity is not the master signifier of the image,” writes Ina Blom of Rødland’s work, “Nor is it lost in a vortex of abstractions: it is quite simply one point of connectivity among many. The camera, with its associated range of lenses, aperture settings, lighting devices, and film types, is another. […] The emphatic sheen, sleek glamour and casual perversity still thrive, but they take on an independent existence as new textural realities – as if to speak of a material world that we can never fully know."

With Confabulations, Torbjørn Rødland presents a set of analogue photographs that subtly misrepresents broken memories and childhood fantasies. Confabulations distorts facts to get to truth. Fragmentation is neither rejected nor induced in this unitary approach, but seen as a starting point for new connections. Beneath a million silly memes Rødland is looking for new soul.

by Torbjørn Rødland

REGULAR PRICE ¥6,750
国内送料無料 / Free international shipping over 50,000 yen.

hardcover
112 pages
216 x 280 mm
color
2016

published by MACK