ARENA—WHERE WOULD I HAVE GOT IF I HAD BEEN INTELLIGENT! by Joseph Beuys

ドイツ人アーティスト、ヨーゼフ・ボイス(Joseph Beuys)の作品集。本書は、1992年1月から1993年4月にかけて、ニューヨークの「ディア・チェルシー(Dia Chelsea)」で開催された展覧会に伴い刊行された。1940年代後半から1972年までの作者のキャリアを網羅した264枚の写真が100のパネルに収録。本書で初めて公開されるその姿は、作者の芸術家としてのペルソナを描いている。美術史家でありインディペンデントキュレーターのパメラ・コルト(Pamela Kort)と批評家・キュレーターのクリストファー・フィリップス(Christopher Philips)によるエッセイ、イタリア人アート・ディーラーのルチオ・アメリオ(Lucio Amelio)とのインタビューを収録。ディア芸術財団の旧キュレーターであるリン・クック(Lynn Cooke)による序文を収録。

EXHIBITION:

ボイス+パレルモ
会期:2021年4月3日(土)- 6月20日(日)
時間:10:00-17:30 月曜休館
開催場所:豊田市美術館
詳細
※本展は終了いたしました

会期:2021年7月10日(土)- 9月5日(日)
時間:10:00-17:30 月曜休館
開催場所:埼玉県立近代美術館
詳細
※本展は終了いたしました

会期:2021年10月12日(火)-2022年1月16日(日)
時間:10:00-17:00 / 夜間開館(金・土) 10:00–20:00
月曜休館
開催場所:国立国際美術館
詳細
※本展は終了いたしました

Consisting of one hundred panels containing several hundred photographs of Beuys, spanning the artist's career from the late 1940s to 1972, Arena—where would I have got if I had been intelligent! attains a monumental scale and the sort of grand design appropriate to an artistic summa; as such, the project amounts to a broad portrait of Beuys's artistic persona. It is here documented for the first time. The work is fully illustrated in 102 full-page color plates and 45 black-and-white comparative photographs. Essays by Pamela Kort and Christopher Phillips. Interview with Lucio Amelio. Introduction by Lynne Cooke.

by Joseph Beuys

REGULAR PRICE $82.00

Hardcover
300 pages
228 x 304 mm
color, black and white
1994

published by DIA ART FOUNDATION