WE LIVE AS WE DREAM: ALONE by Nick Waplington

イギリス人フォトグラファー、ニック・ワプリントン(Nick Waplington)の作品集。本シリーズにて写真に収められたドローイングは、イギリス西岸のウェールズにあった収容所でドイツ人捕虜や、後にニュルンベルク裁判で裁きを受ける高位のナチス親衛隊によって残されたものである。本書タイトル「WE LIVE AS WE DREAM: ALONE」は、Joseph Conradの小説『闇の奥』から引用され、この小説では登場人物が自身の経験を人に伝える困難さを嘆く内容となっていることから推測するに、捕虜となった者たちは、他に誰もいない状況下で癒し、もしくは懐古や愛国心、空想や反抗の源としてこれらのドローイングを制作したと思われる。表紙の写真は、Robert Capaが自身が撮影したものとして作者の祖父に見せたもので、ヒポクラテスの誓いをする軍医、そして他の患者と同様に治療を受けるナチス親衛隊の姿が記録されている。

These drawings and inscriptions photographed in this series were left by German prisoners of war, including high ranking SS officers, some of whom would be later tried at Nuremberg. The prison was located in Wales on the western coast of the UK. The series takes its title from Joseph Conrad’s novel Heart of Darkness, and is a character’s lament for the impossibility of communicating one’s own experience. Presumably the prisoners created these images for themselves alone, as a source of solace, whether nostalgic, patriotic, romantic or defiant. Most of the camp was demolished in 1994. The cover image, a photograph by Robert Capa shows Nick Waplington's grandfather. A surgeon that with the hippocratic oath, also treated SS soldiers as any other patient.

by Nick Waplington

SALE PRICE ¥2,900 REGULAR PRICE ¥5,800
国内送料無料 / Free international shipping over 50,000 yen.

softcover
28 pages
250 x 370 mm
color
limited edition of 500 copies
2015

published by MÖREL