THE SEARCH FOR A SUPERIOR MORAL JUSTIFICATION FOR SELFISHNESS by Nick Waplington

イエメン生まれのイギリス人フォトグラファー、ニック・ワプリントン(Nick Waplington)の作品集。

2015年と2016年には、朝になるとロサンゼルスの丘を登ったり下りたりして長い時間歩き回ったものです。街の音に耳を傾けたり、携帯電話でニュースを聞いたりしながら私は常に被写体を探していました。スタジオに戻る前にただ街を観察することもありました。こうやって私はニュースを読む声、頭の中の自分の声を止めて、残りは一日中朝に感じたことや見たこと(または見たと感じたこと)を絵に描いて過ごしました。それから2年間、その間にロンドンに戻り、それからニューヨークへ引っ越しましたが朝の散歩は続けました。今の時代に生きていると自分の周りの世界が燃えて崩れ落ちてくるような感じがしますが、その中で朝の散歩は私にとってなくてはならない時間になりました。これらの作品は、大きく変わる時代の中で続けてきた散歩から生まれました。またその意味では、今ここを注意深く見つめるだけでなく、過去の幸福を認め、やがてくる悲劇的な結末を恐れるというプロセスを通じて現在について内省する習慣が現れていると思います
―ニック・ワプリントン

"In 2015 and 2016 I spent a lot of time walking in the morning, up and down the hills in Los Angeles, sometimes listening to the city and other times listening to news radio on my phone, always looking for things to photograph or maybe just observe before returning to the studio. There I’d stop the voices - the voices reading the news, my own voice in my head - with music, and for the rest of the day I would paint what I had felt and seen (or what I felt I’d seen). Over the next two years, back in London and then New York, my morning walks have continued - and have become essential moments out of time, when the world seems to be burning and collapsing around me. These works are the result of my walks in a time of upheaval - and in this sense they reflect a practice of paying attention to the here and now, but also refracting the present through a process of reflection that acknowledges past happiness and fears future catastrophe.
― Nick Waplington

by Nick Waplington

REGULAR PRICE ¥7,500

softcover

160 pages

230 x 330 mm

color
limited edition of 1,000 copies

2019

published by MÖREL