TRUE LIFE by Alex Da Corte

アメリカ人アーティスト、アレックス・ダ・コルテ(Alex Da Corte)の作品集。作者とミュージシャンのエミネム(Eminem)が4つの展覧会を通して育んだ関係が余す所なく記録され、デトロイトからコロン、アーティスト・ラン・スペースから国際的な美術館まで、様々な場所で開催された展覧会を通じ、30代の間エミネムは作者の作品に重ねて出演し、まるでアメリカとともに再浮上しそして進化するかのように、自分自身について語っていった。作家でありライターのヒルトン・アルス(Hilton Als)、ライターでありアーティストのチャーリー・フォックス(Charlie Fox)、同じくライター、アーティストのウィリアム・ピム(William Pym)、アーティストのマルティーヌ・シムズ(Martine Syms)、美術史家のモリッツ・ウェセラー(Moritz Wesseler)によるエッセイでは、アメリカ文化におけるエミネムの立ち位置、作者の作品におけるエミネムの役割、そしてアメリカという大きな集合的アイデンティティの物語が探られるほか、デンマーク人映画監督のヨルゲン・レス(Jørgen Leth)とのQ&Aでは、監督が1982年に撮影した作品「Andy Warhol Eating a Hamburger」を手がかりに包括的な議論を展開する。本書は、完成度の高い図録でありながら、完全なるファンタジーを見せてくれる作品として、21世紀アメリカの文化についての重要な視点を提供してくれる。

TRUE LIFE exhaustively documents Alex Da Corte's relationship with the musician Eminem over four exhibitions. From Detroit to Cologne, from an artist-run space to a major international museum, Eminem trails Da Corte's work through his thirties, reappearing, evolving alongside America, explaining more of himself each time. Eminem's place in culture and his role in Da Corte's practice, as well as the larger story of American identity, is explored through recent and commissioned essays by Hilton Als, Charlie Fox, William Pym, Martine Syms and Moritz Wesseler, as well as manipulated found texts and an extensive Q&A with Danish filmmaker Jørgen Leth, whose 1982 work Andy Warhol "Eating a Hamburger" strongly informs the discussion. TRUE LIFE is both an uncompromising reference book and a work of total fantasy, providing a key angle of approach to a vital American practice in the 21st century.

by Alex Da Corte

REGULAR PRICE ¥7,000

hardcover 
316 pages
260 x 197 mm
color
2020

published by WALTHER KÖNIG