THIRTEEN YEARS - THE MATERIALIZATION OF IDEAS FROM 2002 TO 2015 by Michalis Pichler [SOFTCOVER]

ドイツを拠点に活動するフォトグラファー、ミカリス・ピヒラー(Michalis Pichler)の作品集。美的感覚の境界線に関する情報をクロスレファレンスしていく一冊。本書に収録されている作者の文章、批評、芸術作品、記録は時系列にそって並べられ、いわゆる「グレーテスト・ヒット」的な作品とコンセプチュアルな詩的表現に重点が置かれている。作者は時に政治的なニュアンスを込めて様々な手法を使う。本書では作品を順に見ながらアプロプリエ―ション、ポスト・ナイーヴ、アンボーリング・ボーリング(unboring boring、転用(détournement)、落とし物(objet perdu)、イレイジャー・ポエトリー(erasure poetry)、書き込み(writing through)といった非常に曖昧に定義された手法に都度触れている。本書は作者の活動に焦点を置いた初めての作品集であり、11の論評、図版、イギリス人アーティストのジョン・ステザカー(John Stezaker)との対談、自身の文章といった充実した内容を収録し、コンセプチュアルな詩的世界を紹介しているエッジの効いた一冊。

A cross-reference book of information on aesthetic boundaries, consisting of a bibliography into which inserted text, critical essays, art works, and documents, are arranged chronologically and focused on a selection of so-called »greatest hits« and conceptual poetics. It contains mentions of such vaguely designated areas as appropriation, postnaive, unboring boring, détournement, object perdu, and erasure poetry — or writing through — as they currently occur (with occasional political overtones) in the work of Michalis Pichler. This book is the first monograph focused on the practice of artist/author Michalis Pichler. Featuring eleven critical essays, an extensively illustrated catalogue, a conversation with John Stezaker, and selected writings by the artist, the book delivers a solid introduction into conceptual poetics.

by Michalis Pichler

REGULAR PRICE ¥4,200

softcover
240 pages
210 x 297 mm    
color, black and white
2015

published by SPECTOR BOOKS