THE MECHANISM by Mårten Lange

スウェーデン人フォトグラファー、モルテン・ランゲ(Mårten Lange)の作品集。現代社会を舞台としたSF小説を書き起こしたようなモノクロ写真シリーズで構成され、そこにはもの哀しさも垣間見える。作者は科学技術や監視社会、都市社会をテーマとし、日本を含めた様々な国の街で撮影。その脅威と未来への希望を孕んだ物語に作り上げるため、建築的な要素を比喩的に用いることで人類の経験の上に成し得た技術進歩とその成果をなぞっている。クローズアップイメージと引きで写した都市風景とを交互に組み入れた編集は、感傷的な要素と疎外的な要素のどちらも同時に見せる映像のようなシークエンスを生んでいる。

The Mechanism is a melancholic series of black-and-white photographs that form a sci-fi story about contemporary life. Bringing together images made in multiple cities, the work deals with themes of technology, surveillance and urban society. Lange attempts to trace the effects of technological developments on human experiences, using architectural tropes to build a narrative loaded with the threats and promises of the future. Cutting back and forth between close-up views and cityscapes, The Mechanism offers a filmic sequence of photographs that is at once affective and estranging.

by Mårten Lange

REGULAR PRICE ¥5,250
国内送料無料 / Free international shipping over 50,000 yen.

hardcover
96 pages
220 x 280 mm
black and white
2017

published by MACK