SUNSET by Jens Klein

ドイツ人フォトグラファー、イェンス・クライン(Jens Klein)の作品集。本書はシュタージ記録庁(BStU)のアーカイブから、人々が東ベルリンから壁を越えて西ベルリンに行こうとした地点の写真を紹介する。1961年から1989年にかけて秘密警察、警察、国家人民軍(NVA / 東ドイツ軍)の国境守備隊の隊員らが撮影した写真は、人々や場所の監視や国境設備の検査から、成功の是非に関わらず国境越えの試みの記録まで、その目的は様々である。写真の選択においては、逃亡者の命運ではなく選んだ逃げ道に重点が置かれた。ページをめくるうちに、読者はいつしかトンネルや水路が張り巡らされた迷宮に迷い込んでいる。矢印に従い、行き止まりに突き当たり、電車に乗り込んで風景の中を旅をする。これは、歴史的な考証と個人の想像とがもつれ合った曲がりくねった道を進む旅である。このイメージは、自らの歴史的な文脈を超えて、西という、自由と幸福への希求に応えてくれる場所への実存的な逃走への動機に対する視覚的な記録としても読むことができる。本書はザクセン州の文化財団の援助により刊行された。

The photos in Sunset show places where people tried to escape across the internal German border. The pictures, which come from the archives of the Stasi Records Agency (BStU), were taken by employees of the secret police, the police, and the border troops of the National People’s Army (NVA) from 1961 to 1989. They ranged from the surveillance of people and places and checks on border installations to the documentation of attempts to breach the border, whether successful or unsuccessful. The key consideration in selecting the photos was not the fate of the fugitives but rather the escape routes they chose. As you leaf through the pages of the book, you move through a labyrinth that leads along tunnels and waterways, following arrow signs and cul-de-sacs, travelling in train compartments and through landscapes―a serpentine journey that intertwines historical testimony with individual imagination. For, beyond their historical context, the pictures are visual documents of an existential drive to escape: to the West, to the place that answers the longing for prosperity and freedom. The publication Sunset is supported by the Cultural Foundation of Saxony.

by Jens Klein

REGULAR PRICE ¥5,000

hardcover
220 pages
230 x 305 mm    
black and white
2018

published by SPECTOR BOOKS