BEWERBER - THE APPLICANTS by Jens Klein

ドイツ人フォトグラファー、イェンス・クライン(Jens Klein)の作品集。作者はドイツ学生相互扶助会「Evangelisches Studienwerk Villigst」にイメージブックの制作を依頼された。1950年代以降、8,000人以上の奨学金受賞者がアナログのパスポート写真を添えて送った応募用紙を作者はまず見てみることにした。1950年から2012年の応募用紙の中から、奨学金を獲得した応募者の写真176枚をセレクト。そうすることで時の流れを横断的に俯瞰し、ドイツの歴史と写真の進化を反映したイメージによる年代記のようなものが出来上がった。この写真は、モノクロからカラーへ、アナログからデジタルへ、写真スタジオで手間暇かけて撮影したものから証明写真機で素早く撮るものへと、長い年月の間に写真という媒体がどう変化してきたかを示している。2012年に同機関はオンライン申請プロセスを導入し、アナログ写真の時代に終わりを告げた。

The photographer Jens Klein was invited by the Evangelisches Studienwerk Villigst to produce an image book. He decided to sift through the application documents of over eight thousand scholarship holders from the 1950s on who had submitted analogue passport photographs to accompany their applications. Covering a period from 1950 to 2012, Klein selected 176 photographs of applicants who had received support from the foundation: a kind of transverse look across time and a visual chronicle reflecting Germany’s history and the evolution of photography. The photographs show how the medium has changed over the years: from black and white to colour, from an analogue to a digital medium, from elaborate studio shots to quick photo-booth pictures. In 2012, the Studienwerk introduced an online application process, thus ending the era of analogue images.

by Jens Klein

REGULAR PRICE ¥5,800

softcover
376 pages
190 x 257 mm    
color, black and white
2016

published by SPECTOR BOOKS