SUBSCRIPTION SERIES #5 by Mike Mandel, Susan Meiselas, Bill Burke and Lee Friedlander

アメリカ・オークランドを拠点とするインディペンデント出版社「TBW BOOKS」が4人の写真家をキュレーションし、同じフォーマットでそれぞれの作品集を1セットにまとめて発行する「Subscription Series」の第5弾。今回はマイク・マンデル(Mike Mandel)やスーザン・メイゼラス(Susan Meiselas)、ビル・バーク(Bill Burke)、リー・フリードランダー(Lee Friedlander)と存命する4人の巨匠アメリカ人フォトグラファーを迎え、それぞれの未発表作品で制作した作品集。30数年以上前に遡った作品を掲載しつつも、本書は丹念な編集やデザインにより現代的なセンスに満ちており、同時にヴィンテージ感を醸し出す各々の原点へも敬意を払っている。各作家の視点を味わうことができ、かつ4冊組ならではの力強さも感じさせる作品集となっている。

マイク・マンデル「BOARDWALK MINUS FORTY
自身がサンフランシスコ芸術大学の学生時代に制作した作品「Boardwalk Minus Forty」。本作は、作家が冗談交じりに「リアルフォトグラフ」として言及することを本格的に始めた作品である。のちに作家のコンセプチュアルな作品群は世に知られるようになり、中でも1970年代後半にアーティスト仲間であるラリー・サルタン(Larry Sultan)と制作した「Evidence」はとりわけ影響力のある写真集の一つとして今日認識されている。「Boardwalk Minus Forty」は、「Evidence」に至る前の土台へ立ち返ることのできる貴重な一作である。

スーザン・メイゼラス「PRINCE STREET GIRLS
本作は1970年代後半の短期間にニューヨークのマンハッタン地区にあたるロウアー・イースト・サイドで撮影され、当時作家の近所に住んでいた11人の若い女性たちと育んだ友情関係を写し出している。絶えず変化し続ける一都市の中で「プリンスストリートガールズ(Prince Street Girls)」と呼ばれた思春期の少女たちの親密かつ無秩序な視点を描く。作者は現在、非常に高名かつ高く評価される写真家であり、国際的写真家集団「マグナム・フォト」正会員としても活動する。1970年代初頭に発表された作品集「Carnival Strippers」や、ニカラグアなど中央アメリカの政治問題を長期に渡り取材した作品集「Nicaragua」は今日においても大きな影響力を持ち続けている。

ビル・バーク「THEY SHALL TAKE UP SERPENTS
アメリカのニッチな文化を考察する独特の作風が当時から現在まで継続していることを垣間見せる作品集。普段は炭鉱労働者として働き週末には宗教的なヘビ使い、という二重の生活を送る人々のシュールさや奮闘、そして消費世界の時代へと見るものを引き寄せ、いとも簡単そうに叙情的な物語として両者の関係を作中で築きあげている。作者は様々なカメラやフィルムフォーマットを使用することで知られるが、既に定評があるそのストーリーテリングの手腕により単独では違和感のあるイメージ同士を巧みに結びつけている。

リー・フリードランダー「HEAD
本作において作家は50年に及ぶキャリアの中から自らのアーカイブを検証し、特徴的とも言える数々の撮影モチーフの中から1つを選び具体化したシリーズを集め、作品集を制作した。本書のトーンはシリアスとユーモラスの間を揺らぎ、そしてまた元の場所に戻る。一見バラバラに見えるイメージをあたかもそうでないように見せる流動性を持つ本作品集は、作者が写真家としても本という媒体の制作者としても才気溢れる巨匠であることを示している。本書は世界中の現存するアーティストの中で最も重要かつ謎めいた人物の一人であるリー・フリードランダーの、制作過程とそのアプローチを垣間見せる興味深い一冊である。

TBW's fifth Subscription Series gathers four iconic living American photographers to offer entirely new bodies of never before seen work. Reaching back 30 years and beyond, the books feel contemporary through deliberate choices in editing, sequence, and design, while continuing to celebrate their vintage origins. Each artist's vision, while individually experienced, comes together to form a powerful quartet of books.

BOOK #1
Mike Mandel - Boardwalk Minus Forty
Created during the artist's time as a student at the San Francisco Art Institute, Boardwalk Minus Forty was one of Mandel's first serious forays into what he jokingly refers to as "real photographs." Known later for his conceptual bodies of work, most notably Evidence, created with fellow artist Larry Sultan in the late 1970's and now regarded by many as one of photography's most influential photo books, Boardwalk is a rare look back at the foundation the artist was building all along.

BOOK #2
Susan Meiselas - Prince Street Girls
Shot during a short period in the late 1970s in New York's Lower East Side, Meiselas developed a close and lasting bond with a group of eleven neighborhood girls, collectively known as the Prince Street Girls. This book is an intimate and sprawling view of the girls' formative years in an ever-changing city. Meisalas, a highly renowned and respected photographer, works today as a member of Magnum. Her early 1970's work, Carnival Strippers, and her following work in Nicaragua remain seminal photographic achievements to this day.

BOOK #3
Bill Burke - They Shall Take Up Serpents
Continuing with Burke's tradition of examining niche American cultures, Serpents pulls us into the surreal, intense, and at times consuming world of coal miners doubling as religious snake handlers by the work-week's end. Here we see Burke building a lyrical narrative connecting the two groups that feels effortless. Known for using a variety of camera and film formats, Burke strings together images that alone might seem out of place but together weave the iconic storytelling the artist has become widely known and respected for.

BOOK #4
Lee Friedlander - Head
Spanning 50 years of the artist's work, Friedlander dove into his archives to assemble a collection of images that crystallizes one of his signature shooting motifs. The book oscillates in tone from serious to humorous and back again. With a fluidity that belies the seemingly disparate images, Friedlander reminds viewers of his brilliance as both photographer and master of the bookmaking medium. Head is a fascinating glimpse into the process and approach of one of the world's most important and enigmatic living artists.

by Bill Burke , Lee Friedlander , Mike Mandel , Susan Meiselas

REGULAR PRICE ¥18,000

hardcover 
4 books in a set

44 pages each
216 x 267 mm
black and white
limited edition of 1,000 copies
2017

shortlist of the Paris Photo–Aperture Foundation PhotoBook Awards 2017 - the PhotoBook of the Year Prize

published by TBW BOOKS