STUMP by Christopher Anderson

国際的写真家集団「マグナム・フォト」正会員を務めるカナダ人フォトグラファー、クリストファー・アンダーソン(Christopher Anderson)の作品集。今日、政治的な写真を撮るフォトグラファーの中で最も影響力が高い作家の一人である作者は、アメリカの政治劇の内部で繰り広げられる貴重な舞台裏を見ることを楽しんでいた。本作は、選挙遊説の際に見られる入念にリハーサルされて作られた大げさな「マスク」をカラーと白黒写真とで写し出している。とりわけ当時民主党現職のバラク・オバマ大統領と共和党指名候補ミット・ロムニーが繰り広げた2012年アメリカ合衆国大統領選挙の記録が主となり、中でもバラク&ミシェル・オバマ夫妻、ミット・ロムニー、ポール・ライアン、ニュート・ギングリッチ、ビル・クリントンが目に留まる。もちろん、遊説を聴く市民の姿も見受けられる。報道の文脈から切り離されて並べられた写真は、恐ろしさと滑稽さのどちらも持ち合わせて我々を魅了する。また、他にも別の演説シーンや、花火、旗など非常に豪華な選挙にまつわる小道具も本書には散りばめられている。ベストセラー書となった『大統領オバマは、こうしてつくられた(英題:GAME CHANGE)』の著者、ジョン・ハイルマン(John Heilemann)がエッセイを寄稿している。

As one of today’s most influential political photographers, Christopher Anderson has enjoyed rare behind-the-scenes access to the inner workings of American political theater. Stump collects his color and black-and-white photographs from recent campaign trails--particularly from the 2012 Obama/Romney contest--that scrutinize the highly rehearsed rhetorical masks of, among others, Barack and Michelle Obama, Mitt Romney, Paul Ryan, Newt Gingrich, Bill Clinton and others (including audience members at rallies). Removed from the context of reportage and sequenced here, these images accumulate a mesmerizing quality that is both frightening and hilarious. They are interspersed with other campaign-trail images, of fireworks, flags and other props of high pomp that attend such occasions. John Heilemann, author of the New York Times bestseller Game Change (on the 2008 presidential race), contributes an essay on Anderson’s work.

by Christopher Anderson

REGULAR PRICE ¥3,800

softcover
96 pages
235 x 303 mm
color, black and white
2014