APPROXIMATE JOY by Christopher Anderson

国際的写真家集団「マグナム・フォト」正会員を務めるカナダ人フォトグラファー、クリストファー・アンダーソン(Christopher Anderson)の作品集。永久に続く改革の真っ只中にある現代中国の姿を捉えている。

私は未来を見たことがあります。未来とは今この中国に他なりません。過去など必要としない。過去は消し去ることが出来る。ここでは新しい幸福が作りだされているのです。本当のことよりもずっと良い、喜びに似た何か、『approximation of joy』が。」- クリストファー・アンダーソン

至近距離で人物をクローズアップし、余白をぎりぎりまで切り落としたイメージには、あらゆる文脈が取り払われた親密な距離感が漂っている。人の顔を照らし出している人工の光を除いては、物理的な形の持つ官能的な情報を際立たせることに徹している。作者の写真は、他人の顔をじっと見つめてこの人は誰なのか、写真を撮られた時に何を考えていたのか想像を巡らすという不謹慎な喜びを味合わせてくれる。人がすることを記録するのではなく、むしろ繋がりや自己認識を追い求める行為そのものである。

Christopher Anderson’s photographs portray a contemporary China in the midst of perpetual reinvention.

"I have seen the future and it is now and it is China. There is no need for the past. It can be erased. A new happiness is being constructed, an approximation of joy, better than the real thing." - Christopher Anderson

The images are tightly cropped and extremely close up, bringing the viewer to an intimate distance where all context is removed, except for the ambient artificial light that illuminates the faces, giving only the sensual information of the physical form allowing the viewer the indiscreet pleasure of staring at another human face and wondering who the individual might be or what they might be thinking about at the moment of the photograph. These photographs are not a documentary about what people do. Rather they are a search for connection and recognition of self. Christopher Anderson is a member of Magnum Photos. He first gained recognition in 1999 when his poignant images of the rescue of Haitian refugees taken onboard a sinking wooden boat named the “Believe in God” won him the Robert Capa Gold Medal.

by Christopher Anderson

REGULAR PRICE ¥7,600

hardcover
120 pages
309 x 256 mm
color
2018

FIRST EDITION

published by STANLEY/BARKER