NOT TO BE SOLD FOR MORE THAN $100 by Sol LeWitt

アメリカ人アーティスト、ソル・ルウィット(Sol LeWitt)の作品集。1971年から1979年頃までに制作した「Rドローイング」シリーズをまとめた一冊。1967年にはすでに切り刻む、折りたたむ、破る、という行為を用いて制作しており、本シリーズは常に100ドルで販売することを意図して作られていた。当時作者の作品は数千ドルで販売されていたため、誰もが購入できる作品を作りたかったという。本書には先述の行為が施された紙の作品が800点以上収録されており、その素材には地図や、複製作品や加工された銀塩写真も含まれる。

世界中の個人および公的コレクションを徹底的に探し、のカラー図版は100枚以上掲載。また、キュレーターのヴェロニカ・ロバーツ(Veronica Roberts)がスタジオで発見した作者の日記や日々の記録から得た情報や、全870点におよぶ既知の作品のインデックスと解説も収録する。商業主義が蔓延る現代美術界において、作者が込めた意図と先見性は、今日、より人々に響くものとなっている。

Not to Be Sold For More Than $100 presents a comprehensive overview of conceptualist pioneer Sol LeWitt’s numbered R Series drawings, which he created from approximately 1971 to 1979. As early as 1967, LeWitt had started making cut, folded and torn works, which he intended would always sell for $100. “His wall drawings were already selling for thousands of dollars, so he wanted to have some artwork that everybody could buy,” notes Jason Rulnick.

This body of work consists of over 800 folded, torn and cut paper works, including cut maps, reproductions, and manipulated silver gelatin photographs. Thanks to extensive research throughout various private and public collections around the world, this volume includes over 100 color plates, along with an index/description of all 870 known works, information that has been made available through the artist's day books and journals uncovered (in the studio) by Veronica Roberts. In the high-flying commerciality of the contemporary art world, LeWitt’s intention and foresight for this body of work resonates more than ever today.

by Sol LeWitt

REGULAR PRICE $82.00

hardcover
240 pages
250 x 330 mm
color
2020

published by RADIUS BOOKS