FOLDS AND RIPS 1966-1980 by Sol Lewitt

アメリカ人アーティスト、ソル・ルウィット(Sol LeWitt)の作品集。1969年、作者は「Folds(折り)」と呼ばれる作品群を定期的に作りはじめた。それはもともと、友人たちへのギフトとして制作されたものであった。1971年には「Rips(破れ)」という紙の破れ目をドローイングに見立てた作品も制作し始め、様々なサイズや色の紙を様々な形に破ったものから、フィレンツェやマンハッタン、そしてシカゴの地図や空撮写真を使いた作品などを生み出した。本書は「Folds」と「Rips」の作品群を初めて包括的に収録した作品集となる。

In 1969, Sol Lewitt started to regularly produce what he called 'folds', which were first conceived as gifts to friends. In 1971, he added the 'rips', drawings made of ripped paper. LeWitt went from ripping papers of various sizes and colours in different ways to working with city maps and airview photos of Florence, Manhattan and Chicago. The book comprehensively presents the 'folds' and 'rips' for the first time.

by Sol LeWitt

REGULAR PRICE ¥6,500

softcover
176 pages
320 x 240 mm
color
2020

published by WALTHER KÖNIG