SAUL LEITER by François Halard [SIGNED]

何もかも失われた後には何が残るのだろうか?

フランス人フォトグラファー、フランソワ・アラール(François Halard)の作品集。アメリカ人画家、写真家のソール・ライター(Saul Leiter)が享年89歳で死去してから2年後の2015年、作者はイーストヴィレッジにあるライターのアパートメントを訪れ、朽ちた壁や空っぽのクローゼット、わずかに遺された私物などを撮影した。ライターの作品は、55年以上暮らしたイーストヴィレッジと深い関係性があり、抽象的でありながら常にソウルフルなモノクロとカラー写真による作品は、まさに当時のストリートシーンの記録である。2006年に最初の写真集がSteidl社より出版されると「カラー写真のパイオニア」と称されるようになったが、彼自身はこう呼ばれることを好まなかったであろう。ライターは、トーマス・リーチ監督による2012年のドキュメンタリー映画 「写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと (原題:In No Great Hurry 13 Lessons in Life with Saul Leiter)」で「何が写るかはわからないし 時間もかかる」と説明している。ライターの魂を捉えたアラールによる作品集「Saul Leiter」は、ページをめくるうちにライター本人がどこかから出てくるのではないかと思うほどの臨場感を伴っている。アラールは、ライターが残した作品をインテリアの一部として撮っているが、そこに写りこんだ身体や人々を除いては、美しいほどに何もない空間が続く。徹底的に人間や身体が排除されていることを特徴とするアラールの作品において、こうしたものが写し出されていることこそが最も意外な要素かもしれない。この作品集は、アラールからライターへのオマージュである。

スペシャルエディション(日本限定版)はこちら

BOOK LAUNCH EXHIBITION
SAUL LEITER BY FRANCOIS HALARD

2017年10月12日(木) - 29日(日)
時間:12:00-20:00  / 月曜定休(祝日の場合は通常営業)
会場:POST / 東京都渋谷区恵比寿南2-10-3
電話:03-3713-8670
キュレーション:Libraryman
企画:twelvebooks
助成:在日フランス大使館 / アンスティチュ・フランセ日本


オープニングレセプション & ブックサイニング
10月12日(木) 19:00-21:00 

Details / 詳細

In 2015, François Halard (b. 1961, French) visited late Saul Leiter’s almost empty apartment in the East Village, two years after his passing, in 2013. He took photographs of the decrepit walls, the empty closet, and of what Saul Leiter had left behind. Saul Leiter (1923–2013) was an American painter and photographer whose work was deeply connected to the East Village, the neighborhood he lived in for over fifty five years. His sometimes abstract, always soulful, photography constitutes a record of street scenes in both black & white and color. After the release of a first book in 2006, fifty years after he started working, Leiter has been considered a pioneer in color photography, even if he would have resented the use of the word; he just happened to have his camera with him, never particularly planning to take photographs as he explained in the 2011 documentary In No Great Hurry: » I don't know if I’m going to get what I’m going to get «. François Halard somehow manages to catch the spirit of Saul Leiter, turning the pages you feel he might appear in the next spread. Or at least his cat will. But the space remains beautifully empty. Except for the bodies and people present in the photographs he left behind which François Halard photographed as part of the interior. This might be the most surprising element yet; bodies and people appearing in François Halard’s photography, most of the time strictly uninhabited. They are Halard’s homage to Saul Leiter.

Click here for the special edition (Japanese edition)

by François Halard

REGULAR PRICE ¥6,800
国内送料無料

hardcover
64 pages
235 x 285 mm
color
limited edition of 1,500 copies
2017

SIGNED BY FRANÇOIS HALARD

published by LIBRARYMAN