PROCEDURALS by Walead Beshty

ロサンゼルスを拠点に活動するイギリス人アーティスト、ワリード・ベシュティ(Walead Beshty)の作品集。作者は写真作品で世に知られるようになったが、実際は彫刻、絵画、映像など、様々なメディアに及ぶ。作者はそれぞれの媒体と作品群を自律的に扱い、与えられた状況を都度重要視している。

本書は、銅メッキを材料として使用した彫刻シリーズ「Copper Surrogates」、事務用機器を解体し棒に突き刺したシリーズ「Office Works」に加え、新作であるフォトグラム作品など、2014年から2017年の間に開催された4つの展覧会を通じて作品を検証する。ニューヨークのギャラリー「Petzel」で2014年に開催されたグループ展「A Machinery for Living」、「Performances Under Working Conditions」、ベルリンの「Capitain Petzel」での初個展「Gastarbeiten」、2017年に再び「Petzel」で開催された個展「Open Source」がそれに該当する。

作品や展示風景をはじめ、アーティストのセス・ケリー(Seth Kelly)、キュレーターのジョン・ライアン・ムーア(John Ryan Moore)、「Petzel」の創設者であるフリードリッヒ・ペッツェル(Frederich Petzel)、同ギャラリーのジャニーヌ・ラサム(Janine Latham)とディレクターのジェーン・パーク(Jane Park)、アーティストのブリーネ・ラスムッセン=スミス(Bryne Rasmussen-Smith)との対談を収録。

The artist and writer Walead Beshty (born 1976 in London, lives and works in Los Angeles) became known through his photographic works. His oeuvre spans numerous media, among them sculpture, painting, installation, and video. For Beshty, treating each medium and group of works as autonomous and subject to given circumstances is of the greatest importance.

Procedurals: Petzel 2014–2017” offers an overview of Beshty’s works from the last four years, including Copper Surrogates, sculptures made of polished copper; Office Works, office machines that have been taken apart and impaled on a rod; and new photograms. With a conversation between the artist and Seth Kelly, Janine Latham, John Ryan Moore, Jane Park, Friedrich Petzel, and Bryne Rasmussen-Smith.

by Walead Beshty

REGULAR PRICE $33.00

softcover
88 pages
210 x 280 mm
color
2017

published by DISTANZ