INDUSTRIAL PORTRAITS - VOLUME ONE (2008-2012) by Walead Beshty

ロサンゼルスを拠点に活動するイギリス人アーティスト、ワリード・ベシュティ(Walead Beshty)の作品集。作者は2008年から自身のプロジェクトに関わるアート界の人々の写真を撮り始めた。それらをまとめた本書には、2008年から2012年に撮影されたポートレイトが収録されている。 2008年に始まった『Industrial Portraits』シリーズは現在も継続中である。作者はプロジェクトを通じて出会うありとあらゆるアート関係者に現場で仕事着のままポーズをとるように頼むという。そのためこのモノクロの記録には、スタジオアシスタントやギャラリースタッフ、ラボの技術者、批評家、仲間のアーティスト、アートコレクター、アートハンドラー、さらにはスタジオからギャラリー、そしてその向こうへと作品が展開するのを支える機械までもが登場する。「額装屋」「FedExのドライバー」「暗室のアシスタント」といったタイトル、被写体のイニシャル、撮影場所と日時が記載された写真は、アメリカの偉大なフォト・エスノグラフィー(※註)の伝統を受け継いでいるようでもあり、全体としてヒエラルキーのない万華鏡のようでありながら詳しい情報が載っているアート界の「写真名鑑(facebook)」を作り出している。 キュレーターのジェイコブ・プロクター(Jacob Proctor)は、「このポートレイト集は被写体の内面をさらけ出すというよりは受け入れているようである。気軽でくだけた雰囲気の前には、おきまりの手厳しい批判をしてもムダである。通常人の目に止まることはないが、この世界における作品の在り方を規定している様々な条件を作者はつぶさに調べ、カラー処理の機械までも写真に収めている」と述べている。 2008年から2012年に撮影された『Industrial Portraits』シリーズのイメージとサーペンタインギャラリーのディレクター、ハンス・ウルリッヒ・オブリスト(Hans Ulrich Obrist)の序文を収録。その後の作品を集めた第2弾も出版予定である。

※註 データや統計ではなくインタビューや観察などを用いる「エスノグラフィー」という手法に対し、その記録、調査方法に写真を用いて作成すること、またその過程において作成された複数のイメージの集合体。

Since 2008, Walead Beshty photographs the art people he works with at every stage of his projects. This first volume features a gallery of black and white portraits spanning from 2008 to 2012. Walead Beshty started his “Industrial Portraits” series in 2008. Still ongoing, he realizes them wherever he goes, asking all the art people he works with to pose in their working environment and working clothes. This straightforward black and white documentation thus portrays the studio assistants, gallery staff, curators, lab technicians, critics, fellow artists, collectors, art handlers, and even the “machines,” which contribute to an artwork's progress from studio to gallery and beyond. Captioned first as “framer,” “Fedex courier,” or “darkroom assistant” and then identified with their initials and the location and date of the shoot, together his models form a nonhierarchical kaleidoscopic yet very detailed “facebook” of the art world, following in part the tradition of great American anthropological photographic surveys. According to Jacob Proctor, “In their affect, these photographs acknowledge rather than expose, and any hint of heavy-handed institutional critique is immediately dispelled by the portraits' air of ease and informality. Even the color processing equipment is accounted for in Beshty's quasi-systematic investigation into the myriad conditions that normally remain obscured, even as they collectively define the work's position in the world.” This publication gathers together the Industrial Portraits created between 2008 and 2012 and is introduced by an essay by Hans Ulrich Obrist. A second volume will be published to span the subsequent years.

by Walead Beshty

REGULAR PRICE ¥3,960  (tax incl.)

softcover
568 pages
106 x 165 mm
color, black and white
2017

published by JRP|EDITIONS